再就職

再就職

引き続きひとり労使交渉。今回は働き方改革。

今年度に入ってから、少し中途採用の遠慮を無くしてもいいんじゃないかという思いを持ち、遠慮なく社員としての希望を言うように心がけています。それが思いのほか効果を持ってしまい、社長相手のひとり労使交渉の様相を呈してしまいました。そして今も引き続き社長面談と称して1対1での交渉が続いています。中小企業ならではか。ひとり労使交渉始めました。その交渉3回目。今回は働き方についての話となりました。
リストラ

転職して時間がたったので冷静に収入について考えてみる

今さらですが私の転職後の収入について、かなり給料が下がっているということは判っているつもりでした。ざっくりいうと年収で3割減くらい。この「3割減」というのは直ぐに出てくるのですが実際その差は金額でどの程度なのか。現実に向き合うために数字で見てみたいと思います。転職前はまあ、そこそこの給料をいただいていました。退職前の会社は大手企業のグループ会社でしたので給与水準もそこそこでした。そこでいただいてい...
再就職

残業しないと生活が成り立たないという現実に違和感

先日行った面談から引き続き会社(社長)相手に「ひとり労使交渉」を行っています。中小企業ならではか。ひとり労使交渉始めました。労使交渉といっても基本1対1の面談ですので、交渉というよりは雑談が多くなってしまいます。私も社長と敵対関係になってしまうのは望むところではありませんので、とりとめのない話でも付き合うようにしています。そして待遇の話になった時です。給与面の待遇も気になりますが労働時間という面で...
スポンサーリンク
再就職

アラフィフで転職に踏み切る人たち

アラフィフでの転職するということはどういうことなのか? その道のりはものすごく厳しいというのはある程度想像がつくと思います。特別なスキルがあれば別ですが。 私のように何てことなくサラリーマンを続けてきただけであればアラフィフどころかアラフォーでも相当に厳しいと思います。 これは不安をあおるわけではなくごく普通の感覚ではないでしょうか。 一般的に転職できるリミットは35歳...
再就職

中小企業ならではか。ひとり労使交渉始めました。

4月という事で私の会社では年度初めの社長と社員との面談が行われています。社長と1対1の面談ですので少し緊張しながら、しかし言いたい事は言うぞと社員皆が意気込んで面接を受けているところです。私も例にもれず面接に臨みました。私は昔からそうなのですが、与えられた環境に疑問を抱くことが少なく、あまり職場に不満を持つことがありません。ましてや社長に直接要望するようなことなど、さほどありませんので面談はどちら...
再就職

2017年の昇給額はいかほどか。。。有り難くも厳しい現実に立ち向かう。

本日は給料日でした。私は管理職ですので、残業手当などの割増賃金対象外となります。ですので、毎月の給料の支給額には全く変化がありませんので給与明細をいただいても明細を見るという楽しみはありません。しかし、4月の給料は違います。なにしろ昇給があります。今年も有り難いことに昇給が実施されるとのお達しは既にいただいています。それが3月のことです。
再就職

転職後輩を見て励ましを送ったり感慨に浸ったり

先日、会社である会議が開かれました。そこに、3か月ほど前に転職してきてようやく正社員となったAさんが初めて参加していました。聞くとその会議に参加予定だった所属部署の上司が出席できないため、代理で参加するように指示されたそうです。私はその会議までに何度か彼と話をしたことはあったのですが、ほとんどの人は顔を知っている程度で話はおろか名前さえも覚えていないという残念な状況。そんな中会議が始まりました。 ...
リストラ

中高年が早期退職に応じるための条件とは

もうかなり記憶が薄れてきた私の早期退職体験。私が中高年という転職に不利な状況でなぜ、踏み切れたのかを久しぶりに振り返りたいと思います。会社の業績が悪化してくるとまず手始めとして、人員削減である「希望退職」もしくは「早期退職」の募集があります。私も以前勤めていた会社が業績不振によりリストラとして希望退職の募集を決定。当時在籍していた従業員の1/3を削減するというかなりの荒業でした。その当時、私はとい...
再就職

太陽光発電投資の案件発生。。。する側ではなく場所貸しですが。

最近、私が勤めている会社に太陽光発電を設置しないかという話が持ちこまれました。工場の屋根に設置するというものです。会社の工場は工業団地の中にあります。地方の工業団地ですので、場所はとにかくだだっ広く、高い建物もありません。将来的にも隣接する場所に背の高い建物は建設される可能性はゼロでしょうから日当たりは良好です。ここに目を付けた発電事業を取り次ぐ業者が話を持ってきたようです。
再就職

人事考課実施。。。部下だけでも大変なのにそのうえ自己評価もしろって鬼ですか。

今日2016年度の昇給の参考にされる人事考課を提出しました。考課表は小所帯の会社の割にはしっかりしています。評価項目は業績への貢献度や、仕事への取組み、スピードなど10項目。各項目5点満点で評価していきます。それプラス点数に現れない部分を総評として記載していき提出となります。評価自体は機械的に50点満点で行っていくわけですが、何度経験しても気が重い作業です。私の部下の昇給額がこれである程度決まって...