いろいろ

再就職

会社員と昇進と待遇について

今回は会社での昇進についての話です。 転職する前に勤めていた会社では、私の最終的な役職は係長でした。 その会社では、職務給制制度を採用していましたので昇給するためには昇進しなければなりません。 私の場合は昇進しようと考えると次は課長ということになっていました。 しかし、昇進は簡単ではありません。 課長というのは経営職層への最初のステップということで昇進についてはかなり狭き門が...
いろいろ

残業=頑張っているという価値観は簡単に覆らないようです。

会社に遅くまで残っているのが偉い。 この価値観は日本では根強いものがあるといいます。 しかしその考え方を目の前にドンと置かれたのは初めての経験。 今回はそんな不条理についての実体験です。 私が今勤めている会社は製造業です。 製造業ですので当然ながら工場があります。私もその工場に勤務しています。 工場にはいくつかの製造設備が設置されていて、我々の給料の源である製品を製造しています。 ...
いろいろ

遅ればせながらボーナスが支給されました。

世間では夏のボーナスの話題で盛り上がっていた6月。 Twitterのタイムラインを眺めていてもボーナスに関するつぶやきを結構見かけました。 そんなタイムラインを横目にしながら、某中小企業に勤めている私を含む従業員たちは戦々恐々としながらその時期を待っていました。 というのも私が勤めている会社はボーナスの支給日が6月○日と決まっているわけではなく毎年ころころ変わります。
スポンサーリンク
いろいろ

親の加入している保険を徹底調査する

私が勤めている会社が福利厚生の一環として従業員を対象に保険の契約をすることになりました。 その保険を扱うのが「かんぽ生命」だったのですが、申込の段階で問題が発生しました。 私はその保険に加入できないとのお達しです。 理由を聞いてみると私個人が加入している「かんぽ生命」の上限金額を超えてしまうということが原因でした。 私はかんぽ生命の保険には子供たちの学資保険しか入っていないつも...
いろいろ

エアバックリコールの時間差攻撃に我が愛車が引っかかる。

先週の週末、私の愛車を自動車ディーラーに持ち込み修理をしてきました。 何の修理をしたのかというと助手席エアバックユニットの交換です。 これを聞いてピンとくる方が多いかと思いますが、例の欠陥エアバックとして騒がれた「タカタ」のエアバックが我が愛車にも取り付けられていたようで、今回リコール・交換と相なりました。 もちろん交換は無償でやってくれます。 ところで、このエアバックのリコール問...
節約

ATM手数料実質無料の労働金庫を選択

お金の保管方法として銀行に預けるというのは極々一般的なことです。 そして一人で複数の口座を持つというのも一般的なことと思います。 私も退職したときの退職金などをどうするのか悩んだ末、最終的に次の3行の銀行口座を保有し用途別に資金を振り分けています。 ①地元の地方銀行口座:給与振り込みや生活費の引き落とし用の口座 ②新生銀行口座:教育用資金など安全資産を置いておく口座 ③楽天銀行:...
いろいろ

二日酔いとの戦いに有効な武器を見つけました。

サラリーマンのお付き合いと言えばお酒。 それ以外でも友人と一杯、自宅でゆっくりと晩酌などお酒を飲む機会はそれなりにあると思います。 私の場合は会社が自動車通勤必須の環境ですので、仕事帰りに一杯といったような職場の付き合いでのお酒の場というのはほとんどありません。 ですので外でお酒を飲む機会としてはたまに友人や以前の会社の早期退職仲間と情報交換がてら飲みに行く程度です。 そんな私...
いろいろ

ご先祖さまの落ち着き先をどうするか。

今年になって母の入院をきっかけに色々と考えることが多くなってきています。
どの内容も重く、考えることが面倒で目を背けがちですが、両親も結構高齢になってきていますし、本人たちに判断力がある今のうちに決めておかないといけないことが結構あると悩み始めています。
趣味

文体診断で私のブログ文章力を確認してみた。

私がこのブログを始めてから2年半が過ぎようとしています。 そこで、機械判定に頼ってみようと思いたちました。機械の場合は感情が無い分ひどい評価でもまだ耐えられそうなので。
再就職

転職後に給与だけでなく休日も減少した話…GWを前にしんみりとなる。

私が現在勤めている会社は社員50名程度の中小企業です。 この会社にお世話になる前はそれなりに名の知れた大手メーカーの系列会社に技術職として勤めていました。いわゆる大企業です。 当時はたぶん定年まで勤めるだろうなと思っていたその会社でしたが、あえなく業績不振によりリストラが実行されてしまいました。 そして私もその流れにあらがうことが出来ず、結局その会社を早期退職することになりました...