早期退職した会社に再雇用されたと思ったらまさかの非正規雇用とは。。。

スポンサーリンク

034863
早期退職して何年かすぎると前の会社の状況が判らなくなります。
リストラで経営が持ち直したのか、相変わらず厳しいままなのか。
少なからず早期退職で負担を負った私達からするとそのあたりが気になります。

退職直後は会社に残留した元同僚とも結構会っていましたがそれも徐々に少なくなります。
同じ時に早期退職した同僚も特に仲が良かった人以外はどうなっているのやら。
先日、久しぶりに残留組と会う機会があり、その辺を聞いてみました。
 


経営の方は、絶好調と言わないまでも何とかやって行けているようです。
そうでないと早期退職組は浮かばれません。これについては良かったと思います。
しかし、その後に聞いた話が頂けませんでした。

何気なく、社員はリストラ時の少ない人数のままなのか聞いてみたところ「そうでもないですよ」という答え。
当時は社員数が激減したために残った社員が大変だという話を聞いていましたので増員されたことに付いては良いことです。

ところがよくよく聞いてみると、早期退職に応じた元社員が働いているとの話です。
再雇用ならまあ、OKです。しかし派遣社員として働いている人が結構いるそうです。
何人かの名前を聞きましたが、結構知っている人たちが派遣社員として元の職場に戻っていました。

「やっぱり、経験者が少なくなり会社としても苦しかった」というのが理由です。
派遣として戻った人たちも他の会社に転職したものの、自分の経験がいかせずに苦労のすえ、元の会社に戻ったのでしょう。
しかし、即戦力として元社員を人件費の安い「派遣社員」として雇うというのはいかがなものか。

個人的には釈然としません。
ちょっと節操が無いような気がします。
業績が上向いてきたという話に喜んだのもつかの間、派遣として戻った方々のことを思うと切なくなってしまいました。

まあ、年齢が上がるほどに転職しても潰しが効かず苦労している人もいるでしょう。
そういった人にとっては例え非正規でも慣れた職場で働くことが出来るのは魅力的かもしれません。
ただ、そういった人たちを都合よく(安く)使っている会社ってどうなのか。

何とも言えない気持ちになってしまいました。

私の早期退職についての体験連載はコチラです   早期退職の道のり(1)
転職についてのシリーズ1回目のリンクです。 転職物語(1・・・情報源は最大限に。)

スポンサーリンク
リストラ
tobiuoをフォローする
流れのままに。。。転職と資産運用とそれから

コメント

  1. 転職経験者 より:

    早期退職対象ではないですが、同募集時期に自己都合で転職しました。
    前職の経営状況は気になりますね。
    自分の意志で出ただけに前会社が露骨に利益を上げて復活しちゃうと
    残ってればよかったのか、と複雑な思いになり素直に喜べないですね。
    かと言ってまた赤字になると残っている元同僚もいるので
    多少心配になります。
    転職先で納得するためずっとこんなモヤモヤした気持ちになるのでしょうかね。。。

  2. tobiuo より:

    転職経験者様
    モヤモヤする気持ちよく判ります。
    転職先の方が給料が良いとか、休日が多いとか勝っている点があれば元いた会社の経営状況なんて気にしないで済むのでしょうが。
    私もそうです。個人的には時間が解決してくれないかな。と思っています。
    最終的に全員ハッピーであれば良いのですが、こればかりは誰も判りませんね。