アラフィフ転職物語1(情報源は最大限に。)

スポンサーリンク

a70ec64ccadc56e683f09fd2d5cb9bb4_s

50才手前(アラフィフ)で勤めていた会社が業績不振でリストラを実施することになりました。
具体的には希望退職の募集というありがちな施策です。
年齢のこともあり悩みに悩んだ結果、応募し長年勤めた会社を退職することとなりました。

早期退職の道のり(1)・・・会社がリストラを発表
自分が勤めていた会社からリストラによって早期退職や希望退職などの応じることで急に自分の人生に転機が訪れてしまった場合、初めての経験ということもあり情報収集される方も多いと思います。 最近はインターネットを使えば比較的簡単に情報収集できますので色々な情報に触れることが可能です。 そんな、「希望退職」、「早期退職」等のワードで検索された方の中には 『自ら希望しての退職というのは名ばか...

一瞬身軽になりほっとしたのもつかの間、次はアラフィフでの転職という荒波に立ち向かっていくことになります。

スポンサーリンク

退職までにはあまり動かず

私が勤務していた会社の場合、希望退職に応募してから実際に退職するまでには1か月以上の期間がありました。
そこで私と同じように応募した同僚の多くが翌日から有給休暇の消化に入り一気に事務所が閑散としています。大抵の人たちが多く有給休暇を残していますが退職してしまえば何の価値もない権利ですので、全部使ってしまおうと思うのはみな同じです。

なかには有給で休みつつ転職活動を始めた人も結構いるようです。
私もそうすることもできたのですが、自分なりに区切りとして退職してからで良いかと何となく考えていました。(今思えばもっと割り切っても良かったような気もします)

情報がないゆえの不安

そんな訳で少し出遅れた感のある私ですが、転職活動をどのタイミングで開始するかはともかくとして、いずれにしても情報は絶対に必要になってきます。
何しろ私自身転職なんて言うことは初めての経験ですから自分一人では何をどうすればよいのか全く判りません。少しでも情報がないと何とも不安で仕方がありませんし動きようがありません。

そんな状況から少しでも解放されるためにはとにかく情報収集です。
とにかく色んな情報が欲しいのですが、真っ先にほしいのは転職するための求人情報です。特にアラフィフで管理職でもない無職に対しての求人は本当にあるのか?不安でいっぱいです。

出来るだけ早く情報を入手し、そしてその情報を使って上手く転職活動を進めないと。そしてその情報はどこから手に入れればよいのだろう…
そんな情報源として真っ先に思い浮かぶのはやはりハローワークです。

しかしハローワークだけにたよるというのではかなり厳しいと思われるアラフィフの転職としては心もとないところです。
そんな不安を和らげてくれるようにハロワークだけではなく他にも情報源は色々とありました。
そうして私が利用した情報源は次のようなところです。

私が登録した転職関連機関

ハローワーク

これは、誰もが知っている機関です。
失業手当の支給手続きもここで行いますので、必ず退職者誰もが登録すると思います。
私の場合はリストラによる希望退職で同時期に多くの社員が手続きすると結構その地域では一大事になる出来事でした。
そこで、大勢がハローワークの窓口に押し掛けるなどという混乱を避けるためにハローワークに出向くことなく会社の退職日に会社にいながら手続きができました。

産業雇用安定機構

ここはあまり一般的に知られていないかもしれませんが、公益財団法人として設置されている転職支援機関です。
ここに登録すると専任の担当者が転職の支援をしてくれます。独自の求人情報も持っており、自分の希望とマッチングを図りながら企業の紹介などしてもらえます。

この機関からの紹介案件の場合は、産業雇用安定機構の担当者が企業との面接の時には同席してもらえるそうです。
ですので初めての転職活動者にとっては非常に心強いのではないでしょうか。
(しかも利用は無料)

ただ、難点は支援の期間が原則6か月と短く、短期決戦となりますのでじっくり転職活動をしたいと思っている方には不向きかもしれません。

転職支援会社

退職した会社が用意してくれた転職支援会社です。
これは個人での契約ではなく退職した会社が契約してくれています。
ここも専任の担当者がついてくれ、様々な支援や相談が出来ます。

契約期間は転職が決まるまでと無期限です。
また無事に転職した後でも再就職後6か月以内に退職した場合は1回に限り再度支援が受けられる契約になっていました。
(これは会社が転職支援会社との間でどのような契約をしているのかによるようです)

人材銀行

ここはハローワークと同じ公的機関ですが、管理職や技術職限定で人材を企業に紹介するために設けられている機関です。
会社では教えてくれなかったのですが、産業雇用安定機構の担当者から紹介されてその存在を知ることができました。

人材銀行では独自の求人情報を持っているとのことでしたので、とにかく情報源を増やしたい私はここにも登録しました。
難点は、出先機関が大都市しかなく手続きに行くのが結構面倒なところです。
(私の場合は電車で2時間弱かかるので結局最初の1度しか行っていません)

ただし、求人情報はインターネットで検索できますし、何かよさそうな案件があれば人材銀行から求人情報が郵送で送られてきます。

転職サイト

インターネットで転職関係の検索をしているとバナー広告が頻繁に出るようになりますしCMも頻繁に流れていますのでご存知の方も多いでしょう。

転職支援会社と同じように専任の担当者からアドバイスなどを受けることもできるようです。
サイトで求人情報を検索し、直接WEBから応募することも可能です。
登録は無料です。
私は2社ほど登録しました。

こういう感じでスタートした私の転職活動。
これだけ情報源があればなんとかなるだろうと、活動開始直後は一安心していました。
しかし甘くはありません。ここから長く厳しい戦いが始まります。

続きはこちらです。

アラフィフ転職物語2(職務経歴書とは?)
リストラにより30年近く勤めていた会社を去ることになった私。 いよいよ本格的に転職活動をスタートさせることになります。 前の記事 早期退職についてはコチラ 会社契約の転職支援会社から初めての連絡 退職後まずはハローワークなど色々な転職支援機関に登録して一息ついた私。 まだ、登録しただけですので実際には何も始まっていません。これからが本番です。 退職...
転職
スポンサーリンク
tobiuoをフォローする
流れのままに。。。転職と資産運用とそれから

コメント