コウモリ襲来。駆除にかかった費用はいかほどか。

スポンサーリンク

 

そいつは以前からいるのは判っていました。
奴らは3年ほど前から夜になると、窓の外で鳴いているのが聞こえていましたし、朝になると自宅の外回りに1センチほどの長さの糞が多数落ちるようになっていました。

 

一度、窓のシャッターを閉めたときにシャッターと窓の間に閉じ込められたそいつを直接目撃したこともあります。
その時、子供たちは恐怖で大騒ぎでした。
その“奴”とは。。。コウモリです。

 

それでも、家の中に侵入してきたことはありませんでしたので、気持ち悪いといいながらも今まで特に対策をしていませんでした。
しかし、今回状況が一変しました。

 

きっかけは次の出来事です。
ある日、妻が私に質問してきました。
「寝室に見慣れないゴミが落ちてたんやけど。。。何かな」
それは1センチほどの少し湿ったような物体です。
一目見た瞬間、「コウモリの糞では?」と思ったのですが、見つかったのが室内です。

 

まさか室内まで入ってきていないだろうと思い、様子を見ることにしました。
しかし、次の日も同じ場所で同じ物体が見つかりました。
新たに落としていったとしか思えません。
しかし室内を飛び回っているような様子はなし。謎です。

 

悩みつつふと上を見上げたところそこにはエアコンが取り付けられています。
そのエアコンの配管を外に通すため壁に穴があいているのですが、その位置と糞が落ちている位置があっているのに気が付きました。

 

「まさかね」と思いながら、念のためと購入しておいたコウモリ撃退用スプレーを取り出し、エアコンの隙間に噴射。
すると、壁の中からガサガサッと音がします。
私は確信しました。「奴がいる!」と。

 

このことを伝えると妻の顔が恐怖に歪んでいきます。「どうしよう?」
どうしようと聞かれても、敵は壁の隙間にいるようです。直接手は下せません。
とりあえず、隙間からスプレーを念入りに噴射して出て行ってくれることを祈るばかりでした。

 

そうしてスプレー後数日は静かな状態が続いています。しかしこのまま終わるとは思えません。いずれ文字通り舞い戻って来そうです。
そうなる前に、この先どうするのか考えなければなりません。

 

しかし、本当にエアコンの配管からコウモリが入り込んでくるのだろうか?まだ半信半疑の状態です。
そこで、少しインターネットで調べることにしました。

 

おもむろにPCを立ち上げ、早速Googleの検索窓に検索ワードを打ち込みます。
「コウモリ、エアコン」と打ち込んだところで検索候補が表示されるのですが、そこには「コウモリ␣エアコン␣配管」と表示されています。まさか!

 

これはもう疑う余地はありません。検索の結果を見る前に答えが判ってしまいました。
まさか皆さんこのワードで検索されているとは。。。
とは言え、もう少し情報が欲しいという事でそのまま調べてみたところざっと以下の情報が得られました。

 

・家にコウモリが侵入するという事は珍しいことではない。
・コウモリの種類は「アブラコウモリ」が多い。
・小型なので指先が入るほどの隙間があれば侵入する。
・繁殖力が強く、ほっておくとどんどん増えてしまう。

 

「どんどん増える」...これはちょっとした恐怖です。
コオモリですから目につく所には居ないのですが、屋根裏で繁殖していたらどうしよう。
また見なくても良いのについ見てしまった、コウモリ大量発生の家の動画などにはえぐい状況が映し出されていて鳥肌ものです。
そんな動画の家のようにわが家がコウモリの住処になっているとしたら大変、すみやかにお引き取り頂かなくては。。。

 

という訳で次の検索ワードは当然「コウモリ␣駆除」です。
そうすると困っている方が多いようで色々と対策した経験談のブログが山ほど見つかりました。しかし、決定的な対策は見つかりません。

 

私が唯一持っている武器「こうもり忌避スプレー」も一時的な効果しか無いようですし、寄せ付けないため磁石を設置するという作戦も効果があるような無いようなで何とも頼りない状況です。

 

そこで、もちはもち屋、屋根裏がコウモリで満たされないうちにプロに任せようと決意しました。
早速コオモリ駆除業者をインターネットで検索し、何社かに見積もりに来てもらうことに。
その結果やはりコウモリは家の軒下の隙間から入り込んでいる痕跡があるとのこと。
対策はコウモリを追い払ったのち隙間を埋めるしかないとの結果でした。

 

これはもう、お願いするしかないだろうな。
覚悟は決めましたが気になるのはその駆除費用です。
駆除業者さん、その場で見積もりを出してくれました。

 

「駆除1式:15万円」

 

覚悟はしていたものの金額を聞いてしばし絶句。
侵入箇所のみ部分的に隙間を埋めるにとどめれば半額程度で済むそうですが、また残った隙間から入ってこられても困りますので、全周施工でお願いするとこのお値段です。

 

見積書を見ながら熟考すること数分間。
つらい出費ですが仕方ありません。お願いすることにしました。
ということで、コウモリの飛来によりまさかの出費と相成りました。よく吸血鬼の化身として描かれるコウモリですが、我が家にとってはまさにお金の吸血鬼になったわけです。恐ろしいことです。

 

ちなみに今回の件で分かったこと。
・コウモリ駆除といっても追い払うだけで殺せない。(法律で保護されている)
・コウモリ駆除の契約は訪問販売にあたるらしくクーリングオフ対象になる(工事日までならキャンセル無料)
・多くの業者は1年保証してくれる。もし同じところから侵入する場合は無償で対策してもらえる

 

以上、ひとつ経験を積んだという事で今回の出費について納得したいと思います。
同じような件で悩んでいる方。もうすぐ冬眠時期だそうですので、決断はお早めに。
いろいろ
スポンサーリンク
tobiuoをフォローする
流れのままに。。。転職と資産運用とそれから

コメント