コウモリ襲来。駆除にかかった費用はいかほどか。

スポンサーリンク

コウモリ

我が家は結構な田舎にありますので、それなりに野生動物がいたりします。
通勤途中でシカと出くわすことも何度かありましたし、キツネなどは自宅周辺にも出没しています。

さらにはサル!も現れました。
そんな中でも私が最も厄介に感じている野生動物がいます。
哺乳類のくせに翼をもった“そいつ”
今回は我が家に現れたそいつを撃退した話です。

スポンサーリンク

数年前から近くに現れた“そいつ”

”そいつ”は以前から近くに迫っていることは何となく気づいていました。

3年ほど前から夜になると、自宅の2階にある子供部屋の窓の外から奴らの鳴き声が聞こえていましたし、朝になると鳴き声がしていた辺りに長さ1センチほどの糞が多数落ちるようになっていました。

一度なんかは子供が夕方、窓のシャッターを閉めたときにシャッターと窓の間に閉じ込められた“そいつ”を目の当たりにして大騒ぎになったこともあります。

その“そいつ”とは。。。
すでに察しがついたかもしれません。そうですコウモリです。

それでも、その時点では家の中にまで侵入してきたことはありませんでした。

ですので、
「気持ち悪い。。。怖い。。。」
などといいながらも、これまで特に対策をしていませんでした。

ついに我が家に侵入してきた!

しかし、とうとう最悪の事件が起こることになります。
その事件は妻との何気ない会話から始まりました。

ある日、妻が私に質問してきました。

「寝室に見慣れないゴミが落ちてたんやけど。。。何かな」

それは1センチほどの細長く少し湿ったような物体です。色は黒ずんだ茶色っぽいものでした。

私は一目見た瞬間、「コウモリの糞では?」と思ったのですが、何せ見つかったのが自宅の室内です。

さすがにコウモリが室内まで入って来ることはないだろうと思い、その時は様子を見ることにしました。

しかし、次の日も同じ場所で同じ物体が見つかりました。
もちろん掃除はしていますので新たに落ちたとしか思えません。

しかしコウモリが室内を飛び回っているような様子はなし。謎です。

どうしてここに落ちているんだろうと悩みつつふと上を見上げました。
そこにはエアコンが取り付けられています。

そのエアコンの配管を外に通すため壁に穴があいているのですが、その位置と糞が落ちている位置があっているのに気が付きました。

「まさかね」

と思いながらも不安に駆られた私は、念のためと購入しておいたコウモリ撃退用スプレーを取り出しエアコンの隙間に噴射してみました。
すると、壁の中から「ガサガサッ」と音がします。

その時私は確信しました。「奴がいる!」と。

このことを伝えると妻の顔が恐怖に歪んでいきます。
虫が出ただけでも大騒ぎになるのに今回は飛び道具です。

「どうしよう?」

何とかこれだけを絞り出した妻。

しかし、どうしようと聞かれても敵は外壁と室内壁に挟まれた隙間にいるようです。
そこに直接手は下せません。
その日にできたことと言えば、隙間からスプレーを念入りに噴射して出て行ってくれることを祈るばかりでした。

小さな隙間でもコウモリは侵入してくる

そうしてコウモリ撃退のスプレーを噴射した後の数日は静かな状態が続いています。
一旦出ていったのかもしれません。
しかしこのまま終わるとは思えません。いずれ文字通り舞い戻って来そうです。

そうなる前に、根本的な進入対策を考える必要があります。

とは言うものの、本当にエアコンの配管部の小さな隙間からからコウモリが入り込んでくるのだろうか?
正直まだ半信半疑の状態です。

そこで、少しインターネットで調べることにしました。
おもむろにPCを立ち上げ、早速Googleの検索窓に検索ワードを打ち込みます。

最近の検索はおりこうさんです。
検索窓に「コウモリ␣エアコン」と打ち込むと、世間で良く検索されている検索候補が表示されます。
そしてそこには見たくない検索候補が表示されていました。

「コウモリ␣エアコン␣配管」…うそでしょ!

これはもう疑う余地はありません。
検索の結果を見る前にすでに答えが判ってしまいました。

まさか皆さんこのワードで検索されているとは。。。
とは言え、もう少し情報が欲しいという事でそのまま調べてみたところざっと以下の情報が得られました。

・家にコウモリが侵入するという事は珍しいことではない。
・コウモリの種類は「アブラコウモリ」が多い。
・小型なので指先が入るほどの隙間があれば侵入する。
・繁殖力が強く、ほっておくとどんどん増えてしまう。

「どんどん増える」...これはちょっとした恐怖です。
コウモリですから目につく所には居ないのですが、屋根裏で繁殖していたらどうしよう
また見なくても良いのについ見てしまった、コウモリ大量発生の家の動画などにはえぐい状況が映し出されていて鳥肌ものです。

そんな動画の家のようにわが家がコウモリの住処になっているとしたら大変、すみやかにお引き取り頂かなくては。。。

駆除方法を調べるも自力では難しそう

早々にコウモリに引き取っていただくにはどうすれば良いのか皆目見当がつきません。
。。。という訳でネットでの検索を続行、次の検索ワードは当然ながら「コウモリ␣駆除」です。

そうすると本当に困っている方が多いのでしょう。
様々なコウモリ対策の経験談を書かれているブログが山ほど見つかりました。
しかし、それを読んでも決定的な対策は見つかりません。

私が唯一持っている武器「コウモリ忌避スプレー」も一時的な効果しかありません。
その他コウモリは磁力に弱いので磁石を設置する。
飛びにくいように軒下に糸を貼る
という作戦も記載されていましたが、実際やってみても効果があるような無いようなで何とも頼りない状況です。

そこで、もちはもち屋、屋根裏がコウモリで満たされないうちにプロに任せようと決意しました。

専門業者で駆除実施。。。かかった費用は?

早速コウモリ駆除業者をインターネットで検索し、何社かに見積もりに来てもらうことにしました。
家の周りを見てもらうと、コウモリが軒下の隙間から入り込んでいる痕跡があるとのことです。確かに指摘されている壁を見ると少し黒ずんでいます。

アブラコウモリはその名の通り脂ぎっているそうで、その脂が外壁について黒ずんで見えるそうです。そしてその下にはたくさんの糞も見えます。

そして対策としては一旦コウモリを追い払ったのちにその隙間を埋めるしかないということでした。

「これはもう、お願いするしかないだろうな。」

ここまでくると覚悟は決まります。
しかし気になるのは駆除にかかるそのお値段です

早速駆除業者さん、その場で見積もりを出してくれました。

「コウモリ駆除1式:15万円」

覚悟は決まっていたはずですが金額を聞いてその覚悟が揺らぎます。

侵入箇所のみ部分的に隙間を埋めるにとどめれば半額程度で済むそうですが、また残った隙間から入ってこられても困ります。
そのため全周施工でお願いするとこのお値段になってしまいます。
足場までは組まないものの高所作業ですのでこの金額もやむ無しかもしれません。

そんなことを考えながら見積書を眺めて熟考すること数分間。
つらい出費ですが仕方ありません。お願いすることにしました。

高額な出費と引き換えに平穏な生活を取り戻す

ということで、コウモリの飛来によりまさかの出費と相成りました。
よく吸血鬼の化身として描かれるコウモリですが、我が家にとってはまさにお金の吸血鬼になったわけです。恐ろしいことです。

ちなみに今回の件で分かったこと。

・コウモリ駆除といっても追い払うだけで殺せない。(法律で保護されている)
・コウモリ駆除の契約は訪問販売にあたるらしくクーリングオフ対象になる(工事日までならキャンセル無料)
・多くの業者は1年保証してくれる。もし同じところから侵入する場合は無償で対策してもらえる

以上、ひとつ経験を積んだという事で今回の出費について納得したいと思います。
同じような件で悩んでいる方。もうすぐ冬眠時期だそうですので、決断はお早めに。

2019年8月31日追記
あれから2年後。。。またしてもコウモリが現れました。
さすがに再度の出費は痛いということで、今度の対策は自力で行って無事に退散してくれました。

スポンサーリンク
いろいろ
tobiuoをフォローする
流れのままに。。。転職と資産運用とそれから

コメント