今年のふるさと納税第一弾、ただし打ち止めかも。。。

スポンサーリンク

2017年も8月になっています。夏本番です。
今年もすでに後半戦に入っているのですが、ふるさと納税をまだ実行していません。
昨年は3自治体に1万円づつ行いましたので3万円の寄付ということになります。

今年もそのペースでと考えていたのですが、事情が変わってしましました。
というのも我が家の子供たちが今年は17歳になったのですが、そうすると扶養控除の対象になります。


その扶養控除の額がひとり38万円になります。
我が家の場合双子ですので倍掛けで控除額が一気に76万円増えました。
この控除は税金に対しての破壊力は抜群で今年の住民税と所得税が大幅に軽減されました。
本当にありがたいことです。

しかしこれによってふるさと納税することで得られるうまみは大幅に下がりました。
納めている税金が少なくなるのですから、いくら寄付して税金を還付してもらおうとしても還付されるはずがありません。(納めた税金以上は還ってきません。当たり前ですが。)

今年のふるさと納税額はさほど出来ないことが判明。

この試算では私が還付される範囲の寄付額は14,000円です。
ということはせいぜい寄付できるのは1か所程度です。
この貴重な寄付をどこにするのか色々考えたのですが、今回は私の好物をいただくことにしました。
それがこれ、馬刺しです。

【ふるさと納税】馬刺し ヘルシー赤身800g
by カエレバ

ふるさと納税の返礼品の選び方としてオーソドックスなのは、お米など日常生活で確実に必要な「生活必需品」をいただくというものだと思います。私も最初はそれを考えていました。
ですが、せっかくのお礼の品なので普段なかなか購入に踏み切れない、しかし貰えればありがたいというものの方がうれしいかなと思って選ぶようにしています。

そこに、その自治体を応援したいという思いはないのが残念ではあるのですが。
物欲が結果的に寄付に繋がっているので制度の趣旨には乗っかっていると勝手に納得しています。

で、今回も楽天の「ふるさと納税」で寄付を実行しました。
毎度のことですが、ここを利用すると楽天市場と使い勝手は全く同じで戸惑うことがありません。
楽天スーパーポイントを使うことも可能ですし、寄付の金額に応じてポイントが貰えたりもします。

私は今回、1000ポイントほど期間限定ポイントがありましたので、寄付に使用しました。
これで、実質2,000円の負担のうち1,000円分はポイントでの支払いで賄うことが出来ました。

その上、今回の寄付でポイントも付与されます。
そのポイント数は470ポイントと結構な還元率です。

これを考えるとふるさと納税をやらない手はないなと思ってしまいます。
今年は少ない額しか寄付できませんが、それでも好物の馬刺しがいただけることになりました。
折角ですのでありがたく堪能したいと思います。

節約いろいろ
スポンサーリンク
tobiuoをフォローする
流れのままに。。。転職と資産運用とそれから

コメント