アラフィフで転職に踏み切る人たち

スポンサーリンク

6a6cc6e500aa18d3e6c993922c2b678e_s

アラフィフでの転職するということはどういうことなのか?
その道のりはものすごく厳しいというのはある程度想像がつくと思います。特別なスキルがあれば別ですが。

私のように何てことなくサラリーマンを続けてきただけであればアラフィフどころかアラフォーでも相当に厳しいと思います。
これは不安をあおるわけではなくごく普通の感覚ではないでしょうか。

一般的に転職できるリミットは35歳までというのはよく聞きますし、実際に35歳を大幅に超えた年齢で転職した私の経験でもそうでした。年齢の壁というのは本当に厳しいです。

アラフィフ転職物語1(情報源は最大限に。)
転職活動を始めるにあたって、登録した機関などをまとめています。

それは早期退職で同時に退職した元同僚たちのことを見ていると一目瞭然で、当時の転職活動でも年齢の順番(若い順)で再就職が決まっていきました。

それはもう判りやすかったです。すがすがしいくらいです。
そんな状況を私は指をくわえて見ているのみでした。

退職を決断したその当時はアラフィフでの転職でも何とかなるだろう。
私(に限って)は大丈夫と漠然と思っていた考えがどれほど甘かったのかという事を思い知り、その決断を痛切に後悔したものです。

それほど難しいこの我々アラフィフでの転職事情ですが、つい最近それに踏み切った知人が相次いでいることを知りました。
まさか、まさかの出来事です。

今回は私があんなに苦労した転職を軽やかにこなしていった(ように見える)知人たちの事情を紹介してみたいと思います。

アラフィフ会社員の立ち位置

サラリーマンの50代というのは、微妙なお年頃です。
順調に出世の階段を上っていると良いのですが、そろそろ限界が見えてくる時期にもなります。
出世自体には興味がなくても、この年齢になると第一線でバリバリ働くことが難しくなります。
会社側としても役職につかない社員を持て余す状況になります。
彼もそんな状況に直面したようです。

転機は突然やってくる

その状況に悶々としていた時、転機は突然舞い降りてきました。

その彼が取引している会社の知り合いから新しいプロジェクトのため経験者を探しているが来ないかとの誘いがあったそうです。
年齢50才

このまま定年まで惰性の様に過ごすか新天地でもう一花咲かせるか。
家族もある事なので相当悩んだそうです。

彼の決断はいかに

悩みに悩んだようですが、決断は転職ということになりました。
定年まで10年あれば新しいことへのチャレンジに充分時間があると考えたようです。
確かにこれが55歳だったら難しいように思います。

新しい環境に慣れて、軌道に乗るまでには私の実感としては2~3年は必要です。
そうなると50歳というのはぎりぎりの、そして最後のタイミングに思えてきます。
あと10年あれば、そして行き先が見えているのであればチャレンジしたいと考えても不思議はありません。

そうして彼も勇気を振り絞って転職に踏み切りました。

決断は吉と出るのか?

こうしてみると50歳というのは最後の節目になるのかもしれません。
もちろん当てのない無謀な転職はNGですが。。。

とりあえず彼の選択は正しかったのか、無事に乗り切れることを願いたいです。
私も他人ごとではありませんので、お互い笑顔で会うことができるように頑張ります。

スポンサーリンク
再就職
tobiuoをフォローする
流れのままに。。。転職と資産運用とそれから

コメント