再就職後の色々な節目

スポンサーリンク

a0001_014347
無事再就職ができた私ですが、今振り返ってみると再就職後仕事の内容は別にして色々な区切りがありました。
それについて少し記事に残しておきたいと思います。

再就職後時系列で振り返ります。 

①初出勤
これは大きな節目です。期待や不安が交錯しながら迎えました。
 
②再就職2か月後
再就職したことにより失業保険の給付は終了したのですが、早めに就職すると「再就職手当」がいただけます。
支給条件は再就職した時点で「基本手当の支給残日数が、所定給付日数の3分の1以上ある事」です。私の場合はこれに該当しましたので再就職時にハローワークで申請をしました。
しかし、再就職が決まってすぐに支給してもらえるわけではありません。ある程度その会社での勤務が継続していることが確認されてから支給となります。その期間がおおむね2か月程度。ハローワークから勤務先の企業に確認が来てOKであれば支給されます。私も無事2か月後にいただきました。
 
③再就職3か月後
再就職した場合、大抵は試用期間が設けられています。私の場合は3か月。
正社員で採用されたといっても試用期間中は仮採用の身です。最悪は試用期間で契約終了という可能性もあります。
私がお世話になっていた転職支援会社でも少数ですが試用期間で打ち切られて再度転職活動を余儀なくされた方がいるそうです。
どの様な基準で会社が判断するか判らないので、この期間が近づいてくると気が気ではありませんでした。
おかげさまで、無事正規採用となりました。
 
④再就職6か月
ここでまたハローワークの登場です。「就職促進定着手当」制度です。
平成26年度からできた制度ですが概略は
 
“再就職手当を支給された人がその企業に6か月以上継続して雇用され続けた際に支給されるもので、再就職先での6か月間の賃金が、前の会社の賃金よりも低い場合に、基本手当の支給残日数の40%を上限として、低下した賃金の6か月分を支給する”

というものです。

私はこれに該当しましたので、期日が近づいてくるとハローワークから手続き書類が送られてきました。再就職先の会社にタイムカードのコピーなど準備してもらって手続きします。
そこそこの金額をいただけました。ありがたいです。
 
また、6か月の区切りはもう一つあります。
これは、私自身での判断が必要になるものです。
転職支援会社との契約上、再就職後6か月以内に退職した場合は、1回に限り再度転職支援サービスが受けられます。このまま務めるかどうか。。。一応期限前に転職支援会社と面談にて相談しました。結論としてはこのまま務めることとし、転職支援会社との契約は終了することになりました。

それと、もうひとつ。6か月過ぎると有給休暇が付与されます。これも少しうれしい区切りです。

その後1年たつと退職金支給の対象となり、少ないですが退職する場合は退職金がいただけるようになります。
ですが、この程度でまた辛い転職活動を行う気にもならないので、この節目は転職「1周年記念」としてお祝い程度にしたいと思います。

以上、再就職してから1年程度は色々節目があるという話でした。
スポンサーリンク
転職再就職
tobiuoをフォローする
流れのままに。。。転職と資産運用とそれから

コメント