投資を始めたきっかけは雑誌

スポンサーリンク

a0006_000329
私が投資を始めたきっかけとは。。。

今から5年ほど前のことです。
当時は資産運用などというものには全く縁がない生活を送っていました。

せいぜい貯金をしている程度です。妻の勧めで会社がやっている財形貯蓄をしていました。
よく、「貯金をするためには財形貯蓄のように給料天引きで自然と貯金ができる方法をとるべき」と言われています。まさにその通りで、貯金額は順調に増えていました。
ただ、積み立てた金額がそのまま残っているだけです。利息が低いので減ることもなければ増えることもありません。 (実際はある程度溜まったところで車を買ったりしたので減ることはありましたが)
確かに貯金は出来ますが、もうちょっと何とかできないものかと漫然と感じていたところ。。。
きっかけは突然やってきました。


ある日、出張で新幹線移動をしていました。
暇なので雑誌を購入し読んでいたところ、資産運用についての記事が載っていました。
見出しは豪快で確か「普通のサラリーマンでも億にするのも夢ではない!」というような感じだったと思います。

雑誌の記事ですから、適当に読み始めたのですがそこに載っていたのが投信積立による長期運用でした。2ページ程の簡単な記事でしたが、逆に判りやすく私の胸にストンと入り込んできました。
「投資をするぞ!」と気合を入れて専門書を購入していたら良く判らずに踏み切れなかったかもしれません。

これなら、多少のリスクはあるものの財形貯蓄と同じ感覚で始められるのでは?

ということで、その日の帰宅後ネットで調べて検討開始です。
結果、インデックス投信でバランスをとりながら投資を始めることにしました。
ささやかに、しかし本格的な投資の開始です。

さて、始めるには証券会社に口座を作り、どの投信に投資するのか決めないといけません。

出来るだけ手間はかけたくありません。
どうするか。。。 続きます

スポンサーリンク
資産運用
tobiuoをフォローする
流れのままに。。。転職と資産運用とそれから

コメント