判っていたもののやはりさみしい2018年7月の副収入。

スポンサーリンク

 

ようやくとんでもなく暑かった7月が終わりました。
8月ももちろん暑さは続くでしょうが盆休みがあったりしますので多少は息がつけそうです。

 

この暑かった7月を副収入の面で振り返ってみると、まさに夏枯れ、天候と同じように厳しい状況でした。
この厳しさを具体的にまとめてみました。

 

①株式関係
7月の株式による配当金は“ゼロ円”。全くありませんでした。
それなりに銘柄数が増えてきていているのですが、この程度では安定して配当金をいただくことはできません。

 

そんな状況ですが、貸株金利の振り込みがありました。
その額75円です。
貰えただけありがたいと言っておきます。。。

 

②ソーシャルレンディング
クラウドクレジットで運用しているソーシャルレンディング。
こちらは毎月分配があると期待している投資です。

 

しかし、クラウドクレジットは海外案件への融資を対象としています。
そして、今の時期は円高・ユーロ安で推移しています。

結果、投資した当初の期待利回りが吹っ飛ぶほどの為替差損が出てしまい、元本割れが発生することになり、7月はプラスにはなったものの利益はわずかでした。

東欧金融事業者支援ファンド40号:△290円
三国自動車リースファンドII2号:+30円
ペルー小口債務者支援プロジェクト39号:+237円
バルト三国自動車リースファンドII4号:+129円

 

以上で差し引き106円のプラスでした。
一括償還のファンドがマイナスでそれを毎月分配のファンドで補った形ですのでこの程度のプラスにしかならなかったです。

③楽天スーパーポイントを換金
楽天スーパーポイントについてはROOMの活用など地道にポイント獲得活動を行ったので、期間限定ポイントが結構たまっていました。
しかし、残念なことに期間限定のポイントは投資信託の買い付けには使えません。

 

そこで、楽天市場でギフト券を購入することにしました。
7月はJCBギフト券を3,000円分購入。
これで期間限定ということで油断していると失効しがちなポイントが期間限定なしの金券に換えることができました。
これも副収入かなと思います。

 

④AdSense
Google AdSenseについては4月に初めて支払い基準額を超えることができて収入として計上することができました。
その後は月1,800円程度の発生がありこのままいくと秋には2回目の収入がありそうだと期待していました。

 

ところが7月は急ブレーキの700円弱の発生額。甘くはありません。
8月もこのままなのか再度浮上はあるのか。気になるところです。
(SSL化されていないライブドアブログなのでやばいかもしれません)
もちろん7月の収入としてはゼロ円です。

 

このように無理やりギフトカードを副収入に計上してやっと7月は格好がついたかなという状態です。
6月までは少ないながらも配当金が入金されていましたので配当金がもらえない月はやはり寂しいものがあります。

 

毎月の入金をもくろんだソーシャルレンディングも決して安定しているわけでもなかったです。
AdSenseは水物ですし、そもそもそれほどpvを稼げるようなブログでもありません。期待薄です。

 

こんな感じで、いざ配当金をもらい始めてみると、逆にもらえない月の寂しさが身に染みるいう事態に直面して少しうろたえています。

 

スポンサーリンク
資産運用
tobiuoをフォローする
流れのままに。。。転職と資産運用とそれから

コメント