格安スマホmineoのお得度が下がります。そこで対策しました。

スポンサーリンク

UNI15042555IMG_1751_TP_V
つい先日に我が家での格安スマホの比較を記事にしました。
 格安スマホ比較。我が家の場合

その時は我家の場合はmineoの方に軍配をあげています。

理由は固定電話へのIP電話です。
普段の通話はお互いにスマホの場合はLINEなどの無料通話アプリを使えば通話料は無料になります。
しかし、固定電話への通話などには無料通話アプリは使えません。

LINE OUTなどを使えば安く固定電話へ電話をかけることは出来ます。
しかし料金が前払い制なので使い勝手が悪いと考え使っていません。
 


そこでIP電話の登場です。
mineoの場合は「lala call」が月額利用料無料で使えるということでmineoの勝利と我が家では判定しました。

そんな記事をアップしたのが2016年7月18日です。
ところが、7月21日に悪い知らせが届きました。

2017年2月から月額基本料が改定され、108円になるそうです。
ただし、無料通話が108円分付くとのこと。
あまり通話しないをユーザーにとっては改悪になります。

mineoは妻のスマホについて契約しています。
それほど固定電話などに電話をしませんので我が家にとっては改悪になります。
せめて、無料通話分を使わなければ繰越できるなどのサービスがあれば納得できるのですが。
残念です。

しかし悔やんでいても仕方ありません。
対応策を考えました。

mineoの場合は基本料金(データ容量)の選択肢が割と多いです。
今はデータ容量3GBの契約にしています。
基本料金は1,510円。

実際にデータの使用実績を確認してみると1GBも使用していません。
データ容量は翌月に繰越が可能です。また、キャンペーンなどで時々容量プレゼントもあったようです。
その結果現在の容量残高は10GB。

この状況なら3GBにこだわる必要はありません。
そこで、容量を少なくすることにしました。
mineoのプランでは500MBから選ぶことが出来ます。
料金は500MBで1,310円です。今の契約から200円安く出来ます。
しかし、流石に500MBでは心もとない。

そこで間を取って1GBの容量に変更することにしました。
料金は1,410円です。今より100円ダウン。
ほぼlala callの基本料金をまかなうことが出来ました。

この変更手続きはインターネットでものの数分で終了しました。実に簡単です。
こうして、何とかlala call料金改定のリカバリーができました。

このような付加サービスはいつ変更されるか判りません。
今後も注意したいと思います。 

コメント