格安スマホ比較。我が家の場合

スポンサーリンク

29cae2ba14153f6194778f4018c7064e_s
節約を目的に格安スマホへの乗り換えを行って数ヶ月。
4回線中3回線について乗り換えを済ませました。

そのうち2回線は楽天モバイル。1回線はmineoに契約しています。
楽天モバイルは元々楽天市場をよく利用していましたのでポイント還元目的で契約しています。
mineoは楽天モバイル以外も契約していたほうが格安スマホの評価がよりできるのではないかと考えて契約しました。

契約してそこそこ経ちましたので、ここらで一度比較をしてみたいと思います。
 


契約と開通までの流れ
どちらもインターネットから契約をしました。
特に難しいことはありません。

SIMカードとスマホが届くのは楽天モバイルが断然早く2日ほどで届きました。
ですが携帯番号を引き継ぐ場合(MNP)はmineoの方が自分で届いてから開通手続きができますので不通期間は短くて済みます。
一長一短あるという感じです。

基本料 
mineoはau回線を使用するAプランを選択。
基本料は3GBで1,510円です。
楽天モバイルはdocomo回線のみです。
3.1GBで1,600円になります。どちらも通話も出来る契約です。

料金は微妙ですがmineoの方が安くて済みました。
通信容量は自宅ではWIFIを使っていますので3GBでも3.1GBでも差はないでしょう。 

通話料金
これは変わりません。
普通に使うと30秒20円かかりますが、楽天でんわに加入すれば半額の30秒10円になります。
mineoでも楽天でんわは利用できますので差は感じません。
ただ、楽天モバイルの場合、通話時間が5分以内であれば何度でも無料になる「5分かけ放題オプション」があります。
月額料金は850円です。
短い電話を頻繁に使う場合は有利かもしれません。
しかし、スマホ間であればLINEなどの無料通話アプリを使いますので我が家の場合あまり決定的な差にはなりません。

IP通話
いわゆる「050」で始まる電話番号で使用できる通話サービスです。
ここで、差がでました。
mineoの場合は「lala call」というサービスが使えます。通常基本料(100円)がかかりますが、mineoに契約していると無料になります。
(追記)この記事をアップした数日後に料金改定のお知らせが出ました。
   2017年2月から基本料金がかかるようになるそうです。

楽天モバイルの場合でも「lala call」は使えますが基本料金が100円かかります。
そこで無料のIP電話を探してみると「SMARTalk」というものがあります。

この2つの固定電話への通話料を比較してみました。(スマホにはLINEなどが使えますので)
lala call・・・3分で8円
SMARTalk・・・30秒で8円

圧倒的にlala callのほうが安い。

通話品質などを考えると楽天モバイルの5分かけ放題も魅力的ですが、我が家の使い方ではmineoの方がコストメリットは大きいようです。
ということで、格安スマホ対決はmineoに軍配が上がりました。

ただし、前のキャリア契約と比較するとどちらもコストメリットは大きく後悔はないと思います。
 

 

コメント