自動車保険見直しふたたび。。。特約で悩む

スポンサーリンク

3745ee82c155b1671025c1e67c2ce9c4_s
2ヶ月ほど前に妻の自動車保険の見直しを行いました。
ダイレクト型の自動車保険に変更することで大きく保険料を下げることが出来ました。

自動車保険をダイレクト型に乗り換えて節約

結構節約できて満足感に浸っていましたが、そうこうしている内に今度は私の車の保険満期が近づいてきました。
私の場合は前回からダイレクト型のSBI損保に乗り換えていますので、そのまま継続する予定でした。
ですが、一年経つと状況が変わっているかもしれません。
何も調べないで継続するというのも芸がないと考えました。
 


そこで、今回も一括見積もりをやってみました。
前回同様、楽天の一括見積りです。
ほかのサイトから見積もりすることも考えましたが以前入力した内容をそのまま利用して見積り依頼できるということで楽な方に流れてしまいました。

見積もりの結果は直ぐにメールで届きます。
今回は2社から見積もりが届きました。
しかし、どちらもSBI損保の価格には届きません。
結局、乗り換えはせずに更新することにしました。

更新についてはインターネットで手続きをします。
昨年と同条件の見積もりが提示されているのですが、そこに特約を追加するかどうかでちょっと悩みました。

今つけている特約は「自転車事故補償特約」のみです。
これは子供が中学校に自転車で通学していますので、必要と思いつけていました。
今年から高校生になりましたが自転車通学は変わりませんので、この特約はそのまま継続です。

その他特約は以下のものがありました。
 ・弁護士費用等補償特約
 ・自宅・車庫等修理費用補償特約

 ・対物差額修理費用補償特約
 ・車両損害に関するレンタカー費用補償特約
 ・車内外身の回り品補償特約(30万円)
どの特約も付けておくと、もしもの時に助かりそうです。
しかし、追加すればするほど保険料は高くなります。

いろいろ考えた結果「弁護士費用等補償特約」だけ追加することにしました。
保険をお守りと考えると私にはこの程度で充分かなと考えました。

もちろんロードサービスなどは無料でついてきますのでその点は安心です。
生命保険、医療保険、損害保険。。。
保険は色々ありますが、どの保険も「特約」という形で契約する側の心をくすぐる追加保障を用意しています。

何でもかんでも付けてしまうと、それなりの出費になってしまいます。
もしもの時に備えての保険ですが、そのもしもが起きた時に自分の資産でまかなえるのかどうか?
その辺りを考えて特約を選ばないといけません。

一般的には「対人賠償」については億単位になることもありますのでとても自己資産ではまかなえません。
そういう意味では「自転車事故補償特約」はぜひ付けておきたい特約です。
「弁護士費用等補償特約」は無くても良いかと思ったのですがこれはお守り代わりと思い今回付けました。
この程度が個人的にバランスが取れた契約かなと思っています。 

節約
スポンサーリンク
tobiuoをフォローする
流れのままに。。。転職と資産運用とそれから

コメント