資産運用は一括払いか分割払いのどちらが有効か考える

スポンサーリンク

a4651478e59dd08b1e5b79b1b0768e13_s

私は基本的に一括払い派です。
さすがに住宅ローンは避けられませんでしたが自動車は一括払い(資金が準備できるまでは買わない)です。
クレジットカードも一括オンリーでリボ払いなどもっての外です。
その他にも細かいものでは
・子供の修学旅行費用や学資保険など一括のほうが少し割引されるもの
・自治会費など分割にすると集金の方が面倒だろうと思うもの
などについては一括で支払っています。
以前は固定資産税も一括納付のほうが割引されていましたのでそうしていましたが、その制度がなくなったのと銀行引き落としなので手間を掛ける人もいませんので分割にしています。

そんな私ですが、一括にするか分割にするか悩んだものがあります。

早期退職でいただいた退職金の運用です。
早期退職することでそれなりにまとまったお金を手にすることが出来ました。
しかし、そのまま勤め続けていれば頂けたであろう60歳時には、まとまったお金が入ってこないことになります。
再就職した会社でも退職金制度はありますが、恐らく軽自動車が買えるくらいの金額しかもらえない。

ですので、実質は今手元にある退職金をうまく使って60歳を迎えなくてはなりません。
そこで、「資産運用」というものに取り組んでいます。

その資産運用に使うお金ですが、これの支出の仕方で少し考えました。
元々、早期退職する前から投資信託の積み立ては行っていました。
その時は退職金のようなまとまった資金がなかったので毎月の給料の中から一定額を積み立てていました。言ってみれば分割での投資です。
これが結果的にリスク分散のうちの、時間の分散(ドルコスト平均法というそうです)になっていました。

ですが、ある程度まとまった資金を手にしている場合は、コツコツと少額を積み立てる(分割払い)よりも、早くその資金で投資(一括払い)をする方が良いという考え方もあります。

これは悩みどころでした。
そこで、自分の資産を元に綿密なシミュレーションを。。。と言いたいところですが、私はそこまで細かいことが出来るような性格ではありません。

そこで、ざっくりと間をとろうと考えました。
その方法は
「毎月の積立額を1年間だけ増額する」
という事です。

1年間限定の分割ですが長期投資の観点では一括に近いという非常にアバウトな考え方。
この方法が正解だったのかどうか。
これは私にもわかりません。特にこの1年は色々と相場が乱高下しましたので投資額を増額する時期として適切ではなかったのではないかと考えたりもします。

ですが、この結果現在の投資資産はそれなりの額になっています。
長期的な投資と言っても私が60歳になるまで10年足らずです。そのことを考えるとインデックス型の投信運用ではこの方法でないと資産構築は難しいかなと。

この資金に少しではありますが、今後も毎月の投信積み立てを続けることで資産運用を続けたいと思っています。
こうしてみると一括派の私ですが資産運用に関しては一括には踏み切れない。
それを再確認できました。

コメント