銀行預金の移し替えを少しでも有利にするための努力

スポンサーリンク

e2f61a09bc3775242bf754009aafdab5_s
退職金の預け先を求めて色々な銀行を渡り歩いてきました。
そして最終的に(今のところですが)新生銀行にたどり着きました。

さまよう退職金。。。行き着いた先は今のところ2つの銀行

現在は元々預けていた銀行から順次貯金を移し替えています。 


なぜ「順次」かというと定期預金の満期を待っているからです。
元々資金を一つの定期預金にしてしまうと急にお金が入り用になった時に全部解約しなくてはなりません。
これを幾つかに分けて定期預金にすることによって一部を解約しても残りは金利が有利な定期預金で運用できると考えたわけです。
満期になる期間を分けることにより、無理なく定期預金が出来るとも考えました。

で、定期預金が満期になると都度新生銀行に預け替え。
まずはスタートアップ定期預金という優遇金利の定期預金がありますのでそれに預けています。

そこで、ひとつ勘違いをしていました。
この定期預金は新規口座を開設して3ヶ月以内に預けることで金利が優遇されるというものです。
(6ヶ月定期で年利換算0.5%)

私は口座開設3ヶ月以内に一度だけ使える定期預金だと思っていました。
ところがよくよく確認してみると、期間内であれば何度でも預けることが可能となっています。

私の場合口座の開設は2月です。 
ですのでこの定期預金の預け入れ期限は4月末です。

改めて、別口座に現在預けている定期預金を見てみると。
 年利0.35%の定期・・・3月21日満期
 年利0.12%の定期・・・4月18日満期
 年利0.12%の定期・・・5月6日満期

3個のうち1個が期間に間に合いません。
満期まで待って0.12%(3ヶ月定期なのでその1/4)の金利をいただくより解約して0.5%の定期に預け替えたほうが有利です。

そこで、この定期については前倒しで資金を移すことにしました。
定期を解約し 、新口座に振り込み。そこでスタートアップ定期に預け入れ。

ネットバンキングで全て手続きできますので、面倒とはいえ時間は選びません。
細かいところですが、手間を惜しまず手続きを行いました。

低金利の時代ですから僅かな差かもしれませんが、どうせ移すんだったら少しでも有利に進めたい。
この一連の作業を自宅リビングのPCで行っています。

家族は何をやっているのか判っていないようです。
「実はリビングで多めのお金を動かしているんですよ。」
といえば驚くんでしょうね。 


資産運用
スポンサーリンク
tobiuoをフォローする
流れのままに。。。転職と資産運用とそれから

コメント