格安スマホのお得度を計算して実感する

スポンサーリンク

0c19ad50f3e17b81d98acf9c2b92527e_s

通信費の節約を目論んで格安スマホへの乗り換えを進めています。
auから楽天モバイルへの乗り換えです。 
まずは子供のスマホを乗り換えました。
 格安スマホは楽天モバイルに決定・・・そして申し込み
今回は乗り換え効果の確認のために収支の確認をしたいと思います。

支出の部
スマートフォン本体・・・49,464円(ASUS Zenfone2 32GBメモリ4GB)
MNP手数料・・・新規契約したため無料
解約手数料(元の回線)・・・25ヶ月目に解約したため無料
事務手数料・・・3,000円(楽天モバイル新規契約)

収入の部
楽天モバイル契約特典・・・5000ポイント還元
旧スマートフォン売却・・・13,000円(富士通製2年使用のスマホ)
楽天モバイル連携買い取りキャンペーン・・・3000ポイント(楽天買取を利用)
収支
楽天ポイントを円換算して差し引き計算すると実質の出費は以下となります。
 52,464円-21,000円=31,464円

その他モバイルバッテリーが無料でもらえたりしましたがここでは除きます。

次にこの出費がどのくらいで回収できるか。。。
通信料が4,500円から1,600円に下がりました。もともとかけ放題の契約ではなかったので通話料がかかったとしても差額は変わりません。
しいて言えば家族間無料通話が無くなりましたが、そこはLineでまかなえると考えています。
ですので、毎月の支出は2,900円下がることになります。

ということは、31,464円÷2,900円で計算すると10.8となります。
実質今回の支出分は約11ヶ月で回収できる計算です。
スマホの買い替えサイクルがどの位になるかですが、2年使ったとして37,700円の節約です。1個乗り換えただけでこの節約額です。

やはり乗り換える効果は非常に高い結果となりました。
古いスマホを結構高く買い取って頂けたのがありがたかった。。。
俄然、他の契約についても乗り換えに前向きになる結果でした。
結構簡単に乗り換えできますので興味があればチャレンジしてはいかがでしょうか。

 



スポンサーリンク
スマートフォン節約
tobiuoをフォローする
流れのままに。。。転職と資産運用とそれから

コメント