格安SIMだと名義変更は不可?。。。MNPで対応しました

スポンサーリンク
スマホ女子イメージ

今や家族全員が携帯回線を持っていて当たり前。
我が家も例にもれずひとり1回線を保有しています。

ただし、名義は全員分ではなかったりします。
妻と長男の名義は便宜上私。
私が3回線保有している状況です。

このうち長男用については本人名義に変更することにしました。
ところがこの手続き意外と面倒。
ついに回線業者の乗り換えまで波及しました。

スポンサーリンク

長女は本人名義、長男は私名義。。。の訳

我が家のスマホ回線、長女以外の名義は全て私になっています。
(最近契約した長男宅、固定回線替わりの楽天モバイルは長男名義)

私:楽天モバイル(私名義)
妻:mineo(私名義)
長女:mineo(本人名義)
長男:LINEモバイル(私名義)

長女と長男は元々キャリア(au)の学割でスマホ生活がスタートしました。
その時は二人とも本人名義でした。

ではなぜ今、長男は私名義になっているのか?

それは格安SIM(MVNO)に乗り換えた年齢によります。

当時スマホに固定費削減のため格安SIMへの移行を図っていた私。
まず自分が乗り換え、その後妻、子供たちへと順次乗り換えを進めていました。
その乗り換えに唯一難色を示したのは長女。

結局長女が乗り換えたのは長男の乗り換えから1年少々後になりました。

この乗り換えのタイミングが影響します。
格安スマホの回線業者では大抵契約した本人が通信料などを支払うことになります。
そして支払い方法はクレジットカード指定です。

長男が乗り換えた時は齢17歳。ということはまだクレジットカードを持てないお年頃。
(auなど大手キャリアは子供名義の契約でも親が支払うことで契約できます)

そこで、名義変更をするのではなく電話番号の変更覚悟で一旦解約。その後私名義で新たにMVNOを契約しなおしました。
ところが長女は乗り換えを渋っているうちに18歳になりクレジットカードを持つことができました。

ですので長女はそのまま本人名義でMNP出来たという訳です。

ちなみに支払いに使用しているクレジットカードは家族カードです。名義は長女でも私の口座から引き落とされます。

まあ、どちらの名義でも料金を支払うのは私。その支払額が抑えられるので名義についてはあまり気にしていませんでした。

長男の名義変更の必要性は?

こうして家族全員格安スマホに乗り換えて数年。
子供たちはいつの間にか大学生。

そして長男は大学進学を機にひとり暮らし満喫中です。

で、ふとスマホ回線契約の名義が気になりました。
別にこのままでも当面問題はありません。
ただ、社会人になった時にこのまま親の名義というのもどうか。

もし私の身に何かあった時に私名義だと使用出来なくなったりしないかな。。。そうなると固定電話がない長男は通信手段が途絶えてしまいます。

それは不味い。

ちなみに私の身に何かって言うのは具体的には「死」なんですが。

縁起でもない。

いずれにしても長男名義に変えたほうが良さそう。
ということで名義変更に動くことにしました。

LINEモバイルは名義変更不可でした

。。。嫌な予感はしていました。
キャリアでは可能な名義変更、LINEモバイルは非対応。

いきなり躓きました。
LINEモバイルだけが非対応ではなくMVNOでは名義変更出来ないところが多いようです。

色々調べてみるとmineoは対応しているようです。しかも家族間の譲渡の場合は手数料無料です。
(それ以外は3,300円かかるそうです。2021年3月現在)

ただ、長男はmineoではありませんのでこのままでは名義変更は不可。
しかしここで諦めるのは負けみたいで嫌です。

という訳で名義変更という目的のみでLINEモバイルからmineoに乗り換えることにしました。

乗り換えはキャンペーンを使って割安に、ついでに妻用スマホも入手

折しもmineoではahamoやpobo、LINEMOなど大手キャリアの格安プランに対抗し、キャンペーンを打っている最中です。

価格改定の新プラン発表に合わせ、新規契約すると3か月間1,080円割引されます。
これを使えばLINEモバイルから転出する手数料分が取り戻せます。

それと「価格.com」経由で契約すると事務手数料が無料というキャンペーンもありました。
Amazonなどでエントリーパッケージを購入する方法もありますが手っ取り早いのでこの方法を選びます。

さらに端末割引セールも開催中。
お得なスマホがあるのかと見てみるとありました。

「アクオスsense4plus」

このスマホ、通常価格は43,200円と割と高額です。
それが今回のセールでは他社からのMNPで契約すると27,200円になります。
防水やおサイフケータイ付きなのでかなりお得。

長男の場合は今の端末をそのまま使うつもりですが、ちょうど妻のスマホが古くなっているのでこともあり、グレードアップさせることにしました。

転出、そして転入。両方webで

今回はナンバーポータビリティーでの契約になります。
まずはLINEモバイルからの転出です。

Lineモバイルからの転出はwebから申し込みできます。
Lineモバイルのマイページにある「MNP転出」から申し込みます。
何度か引き止めるようなページに飛ばされますが過去にauから転出するときのように電話申込みでなかっただけまし。

申込みは5分ほどでできました。
気持ちははやりますが、MNP番号は翌日までお預けでした。
翌日まで待ち、番号がメールに通知されしだい今度はmineoに転入。

これも当然webで申し込みができます。

事務手数料無料にするため価格.com経由で手続きに入ります。
転入の手続きは転出に比べると簡単に進みます。
今回はデュアルタイプのdocomo回線、スマホも合わせて購入します。

案内に従って手続きを行いました。

ここで問題発生。
料金確認でスマホの製品代が割引前の価格になっています。

不安になり確認すると申込後に審査し割引対象なら値引きされるとのこと。
。。。ということはもし審査NGなら割引無しになるのか?

ちょっと不親切なシステムではないですか。mineoさん。
後日割引適用のメールがあったので良かったですが。

そして申し込みから約1週間、無事SIMカードとスマホが届きました。
割引購入したアクオスsense4plusに刺さっていたSIMを抜き長男のスマホに差し替えて設定。

回線が無事つながり乗り換えは完了しました。

名義変更は電話申し込みのみ

こうして無事mineoに乗り換えができました。
次は私から長男への名義変更です。

調べてみると名義変更は電話での受付しかしていないようです。
嫌な予感がしつつフリーダイヤルに電話しました。

電話手続き。。。大抵待たされることが多いこの手続。

「お待ちいただく時間の目安は20分以上です。」

案の定、電話の向こうで無機質な自動音声がそう告げています。

かけ直すか待つか。。。待つことにしました。

「20分、15分、10分、5分、3分」

自動音声で伝えられる待ち時間のカウントダウンを無表情で聞きながら、ようやくオペレーターに繋がりました。

30分待ち。

つながったらこっちのものです。
用件を告げ本人確認の質問を何問か答えます。
解約の場合だと引き留め工作があるのでしょうが今回は名義変更です。
やりとりはスムーズに進みました。

しかし電話ではここまで。
正式な申し込みは書類のみで受け付けているとのこと。

名義変更...なかなか手間です。

後日送られてくる「 同意書」に以下書類を同封し送り返しました。
・ 名義を変更したい方(長男)の本人確認書類(免許証のコピー)
・ 名義を変更したい方(長男)名義のクレジットカード情報

これで手続きは終了。

あとは名義変更完了の案内を待つのみです。

名義変更までかかる日数は?

こうして自分ができる事は全て行いました。
名義変更出来るまでの日数は1週間から10日ほどだそうです。

それにしても家族間であっても名義変更は結構手間がかかります。
キャリア契約でも窓口にいかなくてはならなかったり、そもそもMVNOでは出来なかったり。

結局今回はmineoに乗り換えることで何とか対応できました。
ただ、乗り換えも無料で出来なかったりしますのでうまくキャンペーンを利用するなどそこでも手間がかかります。

ですが、長男は自分名義になったので少し満足げ。
なら良いかな。
今は手間をかけた甲斐があったと自分を納得させているところです。

コメント