雇用保険の追加給付の対象だったので手続きをする

スポンサーリンク

案内郵便イメージ

私は今勤めている会社に最初から勤めていたわけではなく別の会社から転職してきました。

その理由は前勤務先の業績不振による「リストラ」

希望退職制度という名の人員カットに応じ、その後半年ほどの転職期間を経て今の会社に再就職をしました。

それから結構時間が経っているのでその頃(無職時代)の記憶もかなり薄れてきているのですが、その時代の残骸…とでもいうような種類が突然届きました。

雇用保険について…さて何なんでしょうか?

スポンサーリンク

年末に厚生省から届いた封書

令和2年も押し迫った12月のある日。
会社から帰宅した私が自宅の郵便受けを除くと何通か封書が入っていました。

12月は私が保有している株式の配当金関連書類が各社から送られてくる時期です。
ですのでまた配当金が振り込まれたか、と届いた何通かの封筒を手に家に入りました。

最近帰宅時はすっかり暗くなっているので郵便を取り出したときにはどこから来たのかよく見えません。

明るい家に入ってから確認します。

予想通り株式の配当通知などが入った封筒が数通。
その中に厚生労働省と書かれた封筒が紛れ込んでいました。

「厚生労働省」?

こんなお役所から郵便が来るような心当たりはありません。
宛名は間違いなく私。

よく見ると雇用保険についてのお知らせと書かれています。

これは気になります。
早速封を切り中に入っている書類を見てみました。

失業保険の追加給付の案内

中を見てみるとどうも雇用保険に給付に不手際があったようです。
失業保険などの給付額は「勤労統計調査」という統計を元に決められるそうですが、その統計方法が不適切だったそうです。

厚生労働省ホームページより引用

毎月勤労統計調査をはじめとする厚生労働省が所管する統計で、長年にわたり、不適切な取り扱いをしていたことにより、国民の皆様に多大なご迷惑をおかけしますことを、心よりお詫び申し上げます。
適切な調査実施に向けた改善に努めるとともに、再発の防止に省をあげて、全力で取り組みます。
また、毎月勤労統計調査の不適切な取扱いにより、雇用保険、労災保険、船員保険、事業主向け助成金で、多くの方の給付が支払い不足の状態となっておりますこと、重ねてお詫び申し上げます。
追加給付が必要な方には、平成16年以降追加給付が必要となる時期に遡って追加給付を実施します。また、本来の額よりも多くなっていた方には、返還を求めないこととします。
対象となる方に対し、順次「お知らせ」をお送りした上でお支払いしてまいります。

給付額が本来支給されるはずの金額より少ない状態が長年続いていたので、追加給付の対象者に連絡し手続きを行っているとのこと。

私はというと数年前にリストラで半年ほど失業していました。
その期間も対象だそうでお知らせが届いたというわけです。

気になる追加支給額ははっきりとはわかりません。
まずは同封の調査書に必要事項を記入して返送してからはっきりするそうです。

また、このお知らせには
・このお知らせが届いても追加給付の対象にならないかもしれませんよ。
・追加と言っても給付額は一人平均で1,400円程度ですよ。

と過剰に期待しないような注意書きも書かれていました。

とはいえ私も対象なら放っておくと損です。
善は急げとその日に書類を記入し送り返すことにしました。

書類の作成は結構面倒

必要書類は今回届いたお知らせに同封されています。

まず、名前や生年月日などの個人情報の確認。
その後雇用保険の受給時期が記載さていてそれに間違いないかを確認します。

私の場合は失業期間は11月から翌年4月までの半年間です。

リストラという会社都合の退職でしたのでほぼこの期間失業手当を受給していました。

それに対して受け取った書類にかかれていたのは、

○○年4月11日
○○年4月11日

同じ日付が2回記載されています。

よくわかりませんが、ここにかかれている日付をみると今の会社に再就職した日付です。
言い換えると失業手当の支給対象が終了した日付。
短期間で再就職したので早期再就職の手当金の受給対象となった日付です。

失業手当と再就職手当の支給時期、このふたつを分けて書いてあるんだろうと勝手に解釈しました。
これらに間違いなければ(あっているか微妙でしたが)次へ、ということなので引き続き具体的に書類に記載していきます。

・個人情報関連の記載
これは簡単です。

・追加給付の振込先
注意として「ネット銀行の一部は使えません。」と描かれてありました。
しかしどこの銀行が不可なのかは分かりません。
私の場合使いたい銀行がネット銀行の「楽天銀行」なので微妙です。
ただ、他のお役所関係の振込も過去に対応出来ていたので大丈夫だろうと楽天銀行の口座情報を記載しました。

・雇用保険番号
これ、どこにあるかをちょっと探しました。
今の会社に入社したときの書類一式にまぎれてありましたので無事書けました。

・職歴
現在と過去に所属した会社を記載します。
悩んだのは以前勤めていた会社が、途中で分社化され社名が変わっています。
確か当時は会社の移籍として処理されたような記憶が。。。

どう書けばよいのか迷いましたが移籍した月を前の会社の離職月と移籍後の会社の就職月としてダブらせて記載しました。

こんな感じでちょっと書き方の説明が不親切だなあ、などと思いながら必要事項を書き込みその日のうちにポストへ投函しました。

今回の私は情報キャッチできていなかったなあ

お金が貰えるとなると動きは早い私。
厚労省からの案内が届いた翌日には必要書類を送り返しています。

後は先方での確認ができ私がその対象者と認定されればいくらかの追加給付があるはずです。

それにしても今回私が雇用保険の給付漏れ対象となっていることなど全く知りませんでした。

今回の案内が届いてからこんなことがあったと知りました。

その後インターネットで調べると当時それなりのニュースにはなっていたようです。

どんなニュースが自分に関係あるのか?っていうのは本当に分からないものです。情弱ってこういうことでしょうか。

もう少しニュースは関心を持って接しないとダメなようです。心してかかります。
それと。。。追加給付はどのくらいになるのか?気になります。

結果が出たらまた追記するつもりです。

【2/7追記】申請後1か月で振り込まれました

申請書を送付してから約1か月。
私は追加給付の対象だったようで地元のハローワークから給付金が振り込まれました。

金847円也

期待するなとは案内に書いてありましたが充分です。
大切に使わさせてもらいます。

コメント