新株予約権なるものを初めて手にしました。FUNDINNOにて。

スポンサーリンク

エンジェルイメージ

今まで資産運用で投資信託や株式投資、更にはソーシャルレンディングにも少し手を出してきた私。

新たな投資はもう無いだろうな、と思っていました。
しかし、今回エンジェル投資ってことでFUNDINNOさんに口座を開設し少しだけ新しい領域に踏み出すことにしました。

さて、どうなるでしょうか。

スポンサーリンク

FUNDINNOに口座開設する

私が資産運用している中のひとつにソーシャルレンディング(SL)というものがあります。

クラウドクレジットとFundsで行っているそれは、ネットを通じてお金を貸し付け償還時に利息を受け取ると言うものです。
ザックリですが。

始めた当初は期待利回りが10パーセント近くあったりとリスクもあるもののリターンも結構あって割りと良い感じの投資でした。

しかし最近は期待利回りも下がってきてリスクとのバランスが悪くなって来たように感じています。個人的に。

そんな中新たに株式投資型のSLが目に止まりました。

それがFUNDINNOです。

非上場のベンチャー企業の株式に投資するエンジェル投資って言うらしいです。

企業を応援しつつ上手く行ってその企業が大きく羽ばたいてくれれば恩恵を得られるというこの投資。

「面白そうだな。」

そんな感じで口座開設を申し込んでしまいました。

申込みは全てネットで完結します。
免許証を斜めから写真撮影しないといけなかったり、自分の顔写真もいくつか角度指定があったりと少し面倒ですが案内通りに進めて送信。

割とあっさり口座の開設が出来てしまいました。

初めてのエンジェル投資は新株予約権

こうして、口座開設が終わった私。
あとは投資案件の募集を待つばかりです。

FUNDINNOからは結構頻繁に投資案件の募集があります。

ただし、手当り次第に申し込むわけにも行きません。

なにしろベンチャー企業への投資です。
今までの中でも最もリスクが大きいかも知れない投資です。

FUNDINNOさん自身が余剰資金での投資を推奨しているくらいですからそんなに簡単なものでは無いでしょう。

事実、私が口座開設してからでも何件かは資金が集まらず不成立となったものがあります。

そんな中私が投資を決めたのは次の企業です。

ライブラン株式会社

この企業が何をやっているのかというと、自分がジョギングをするときにリアルタイムに実況を聞くことによりあたかも自分と他の場所にいる人たちが一緒にトレーニングをしているかのように体験できるアプリを提供している企業です。

一人でのトレーニングは長続きしないものですが、それを解決しようと開発されたようです。
私はまだ使ったことはありませんが、興味は持ちましたので普及の可能性は結構あるのではないかと思います。

自分が面白そうで興味を持った企業に投資する。
まさにエンジェル投資の醍醐味ではないか。。。そんな風に考えた私は記念する初の株式型クラウドファンディングにライブランを選ぶことにしました。

そして
募集開始当日。
申し込み開始と同時に申し込みすることも考えたのですが、何しろリスクが結構ある投資です。
出だしは様子見にすることにしました。

開始と同時に申し込み殺到。。。という程ではないですが、順調に申し込み枠は増えていっています。

30分ほど様子を見てから申し込みに踏み切りました。
投資額は最も金額の低いコースである9万円コース
あとは案件成立するのを待つばかりです。

そして結局このライブランへの投資案件、無事に成立しました。
成立後キャンセル申し立て期間を経て口座への振り込み依頼がメールで届きます。
指定の口座に振り込んで無事エンジェル投資は実行されました。

エンジェル投資は継続できる?

こうして始まったベンチャー企業への投資。
新株予約権なので今はライブランの株式を保有している訳ではありません。
ですので、投資した9万円は完全に資金拘束された状態です。

これがどう化けてくれるのか、それともゼロになってしまうのか。。。
結構怖い投資ではあります。

そんな株式型クラウドファンディングですが、これから継続するか否か。。。
考えているのですがなかなか厳しいものがあります。

今回の案件でも最低投資額は9万円ですし、他の投資案件をみても10万円は必要になります。
(一口1万円と言いながら10口から投資可能という案件がほとんど)

しかもリスクを考えるとあくまでも余剰資金で企業を応援する形でしょう。
とは言いながら自身を振り返ると残念ながら大学生の子どもたちを抱えている私。
それほど余剰と言える資金は残されていません。むしろ無し。

というわけなので案件紹介があったら即投資ではなく本当に投資してみたい企業が出てくればSLの資金を移動させるなど余剰資金をうまく工面しながらエンジェル投資と付き合っていこうかと考えています。

コメント