ホンダのスクーター・ジェイドのヘルメットホルダーが使いにくかったのでDIYしてみた

スポンサーリンク

スクーターに乗る女性イメージ

大学生になった我が家の子供たち。
長男は県外の大学に進学しましたので一人住まいをしています。

長女の方は地元の大学ですので自宅から電車通学です。
ただ、最寄りの駅まで少し距離がありスクーターで駅まで通うことになりました。

その長女の愛車であるスクーター、少し使いにくいところがありましたのでDIYで安価に改善しました。

スポンサーリンク

大学進学とともにスクーター購入

覚悟していることではあったのですが、大学進学が決まってすぐ長女が原付の免許を取得しました。
これは駅まで原付で通うからスクーターを買ってくれという意思表示でもあります。
しかも新車が良いと。。。

もちろん買わないと駅まで毎日送り迎えする必要があり、それはそれで私たち親の負担が大きくなります。
当時受験費用(二人分)、入学金(二人分)、一人暮らし準備費用(一人分)などと怒涛の出費に襲われていた私はすっかり感覚がマヒしていたということもあるのでしょう。

長女に言われるままスクーターを新車で買い与えてしまいました。
20万円超の出費。きつかったです。

購入したスクーターはホンダのジェイド
少しおしゃれなデザインのこの車種は長女の友達の間でも人気でほとんどの子がこのスクーターを愛車にしているようです。

こうして無事自分一人で大学に通える体制は整いました。

ヘルメットホルダーに不満あり(by長女)

こうして大学生活を始めた長女。
季節がめぐって冬。
寒くなっても頑張ってスクーターで駅まで通っている長女からある不満を聞かされました。

「ヘルメットがスクーターのホルダーに取り付けられへん!(怒)」

最近のスクーターはシートの下に大きな収納スペースがあり普通はそこにヘルメットを収納します。長女もそうしていました。

しかし寒い冬になり、駅までは手袋やジャケットなどかなりの重装備でスクーターに乗っていきます。
長女は年頃のむすめですので、そんな「ダサい」格好では電車に乗る訳にもいかず防寒着はスクーターとともに駐輪場に置いておくことになります。

その保管場所はシート下の収納スペースです。
そうなるとヘルメットが収納できません。そういった時のためにスクーターにはヘルメットホルダーも用意されています。

シートわきに引っ掛けるフックがありそれにヘルメットのあごひもについているD環(Dの形をした止め金具)を引っかけることで盗難防止が図れるものです。

長女も最初それを使おうとしました。
しかし、届かない。。。ヘルメットホルダーの位置が少し遠いようで長女のヘルメットでは引っ掛けることができませんでした。

こんな感じです。

ヘルメットホルダーの写真

これでは防寒ジャケットかヘルメットを持って大学に通う羽目になってしまう。

「。。。そんなん耐えられへん(泣)」

という訳で私にSOSが出されました。

長女のSOSにこたえるべく対策を考える。

SOSを受けた私。
私としてもせっかく「女子大生」として歩み始めた長女がダサいと言われるのは我慢できません。

何とか対策ができないものか。。。

”チェーンロックを使ってヘルメットをハンドルなどに固定する。”

この方法が簡単ですがいちいちチェーンロックを取り出してロックするのは面倒です。

もっと簡単な方法があるのではないか。。。考えること暫く。
あ、長さが足りないのなら延長すればいい!

ひらめいた私は早速ホームセンターに走りました。

ヘルメットホルダー固定部品を安価に自作。

安価で使い勝手の良いホルダーを。
このコンセプトに基づき必要な部品をホームセンターで入手しました。

ワイヤー写真まずは両端が輪になるよう加工されたワイヤー。
今回は長さ10センチほどの短いものを購入しました。
(右の写真みたいなやつです)

 

さらに、金属製のリング大小2種類。
大はヘルメットのD環より大きいもの。そして小はD環より小さいものを用意します。
基本的にはこれだけでOKです。

この部品を使って組み立てていきます。
組み立てといっても簡単。大小二つのリングをワイヤーでつなぐだけです。

組み立てたものはこんな感じです。

 

組み立て後の写真

名付けて「延長ホルダー」。そのまんまですね。
加工時間は僅か1分ほど、費用は部品代の約500円と非常にリーズナブルです。

見事にヘルメットホルダーに固定できました。

早速使えるかどうかの確認をしてみます。

使い方は簡単。
まず、延長ホルダーのリング(小)をヘルメットのD環に通します。
するとリング(大)がD環に引っ掛かり抜けずに延長された形になります。

そしてリング(小)をスクーターのヘルメットホルダーに引っ掛けます。

こんな感じで見事に固定できました。

シートを閉じると見事にロックできています。

自作の延長ホルダーはコンパクトに収まりますので携帯性は抜群。
D環に通すだけですので凍えた手でも簡単に使うことができます。

これで、シート下収納が満杯でもヘルメットを無防備に置き去りにすることなく安心して通学ができるようになりました。
この方法、簡単ですのでお勧めです。

コメント