ソーシャルレンディング「Funds」への投資。半年かかってようやく実行

スポンサーリンク

あたりイメージ

私がソーシャルレンディングへの投資を始めてからおよそ2年が経過しました。
始めた当初は利回りの高さなどもあり投資家の方々の関心もそれなりにあったと思います。
ガイアの夜明けで運営会社のクラウドクレジット社が取り上げられた時などは一時ホームページに繋がりにくいなど結構盛り上がりを見せていました。

その後一部の運営会社で貸し倒れなど償還されないトラブルが相次いだこともあり、ソーシャルレンディング投資には逆風が吹いていました。

そんな中登場した新たなソーシャルレンディングの「Funds」
私も大いに期待していたのですが人気の高さでなかなか投資を開始できませんでした。
そうしてあきらめつつあったのですが、ようやく投資を実行することができました。
そんな新規投資を行うまでの記録です。

スポンサーリンク

Fundsとは(ざっくりと)

この「Funds」とはどんなものでしょうか。
元々はクラウドポートというソーシャルレンディングの比較・紹介サイトを運営していた会社が投資サービスをスタートしました。
そのサービスの名称が「Funds(ファンズ)」です。

貸付ファンドのオンラインマーケットをうたっていて、スマホやパソコンから貸付ファンドの取引ができます。
そしてサービスは今年(2019年)1月からスタートしています。

このFundsの特徴は

予定利回りは1.5~6%とミドルリスクミドルリターンの部類に入る
投資金額は1円単位からで、手数料は不要
ファンドの組成企業はFundsの厳密な審査を通過した企業のみに絞り込んでいる

といった感じです。

私もソーシャルレンディングへの投資は今の株式や投資信託以外に分散させたいと始めた割にはクラウドクレジットへの投資のみという状況を変えたいと思い口座を開設しました。

記念すべき初回募集は様子見

こうして、Fundsへの投資を始めようと意気揚々と口座を開設しました。
後はファンドの募集があれば申し込むだけです。。。がこれがそう簡単なことではありませんでした。

まず、記念すべき最初の募集は3つの案件で開始されました。
「アイフルビジネスローンファンド#1」
「大田区XEBECファンド#1」
「LENDYオンラインレンディングファンド#1」

しかし、残念ながらこれらの募集開始は平日の日中となっていて、普通にサラリーマンをしている私では到底参加できません。
そういった訳で、1回目はどんな感じになるのか様子見となりました。

クリック合戦に連戦連敗

しかし、この初回募集の3案件は僅か数分で募集終了となったようです。
平日にも関わらず、しかも最も利回りが低い案件は1.8%(年率)とそれほどでもないのにも関わらずこの結果というのは驚きです。

これは申し込みには相当苦労しそうだと少し心配したことを覚えています。
そしてその心配は現実のものとなります。

初回の募集は平日の日中ということで簡単には参加できませんでした。
しかし、2回目からの募集は平日ではあるものの18時募集開始というサラリーマンでも参加できそうな時間設定です。

とはいうものの、この時間に設定されたということはさらに多くの参加者が殺到するということですので競争率は相当なレベルになることが予想されます。果たしてどうなのか?
結果は予想通りになりました。

ファンドの募集開始時間が18時ということで、会社の就業時間は終わっていますから申し込みすることには問題ありません。
問題はどこでするのか?です。

私はスマートフォンを持っていますので手続き自体はどこでも可能です。
しかし携帯の回線はMVNO、いわゆる格安SIMです。
格安SIMということは回線スピードに若干の不安があります。特に夕方は。

自宅まで帰ることができれば光回線につながるWIFIがあるのですが、時間的に微妙。
とりあえず家を目指して間に合わなければ途中で手続きするという方法でクリック合戦に挑むことにしました。

結果、連戦連敗となりました。

2月15日 台東区XEBECファンド#1

仕事がバタバタして気づけば18時10分。
当然募集終了。

3月22日 台東区XEBECファンド#2

家にたどり着かず途中で車を止めクリックするも「募集終了」

3月27日 フィル・パーク東京スカイツリーリバーサイドファンド#1

同じく帰宅途中で挑戦。
ついにカートに入れることに成功!
ただし、その後の操作が少し遅かったようで結局間に合わず。

4月3日 世田谷区MIJASファンド#1

ついに自宅に帰りつくことができWIFIで挑戦するもあっけなく「募集終了」の文字を見ることに。
回線スピードよりも自分のスマホ操作が遅いことが原因かと少し絶望する。

5月9日 イントランス・バケーションズ 京町家ファンド#1

せっかくの休日でしたが、用事があり参加できず。

このようにとにかく1分とかからず募集が終了してしまいます。
私もそれに対抗しようとスマホの画面を割れんばかりにクリックするのですが、どうにも間に合いません。
心も折れかけ、いっそ口座を解約しようかといきなり飛躍したことを考えたりもしました。

そしてついに申し込み完了

そして迎えた6月6日
新たなファンドの募集開始日です。
当日ファンドの募集開始日ということを忘れ、のんびりと帰宅の途についていた私。

何気なく時計を見ると“17:53”でした。
この時間、何かあったような。。。
「あー!募集開始日だったー!」

たまたま近くにショッピングセンターがあり、急遽駐車場に車を滑り込ませます。
その時の時間は18:00!ぎりぎり…というか少し遅いかも?というタイミングです。

半ばあきらめつつスマホを操作します。
すると「募集開始前」という文字が目に入ってきました。まだ間に合うか?

慌てて操作をすると意外にもカートに入りました。
この後に投資金額と注意事項に了承するという操作があるのですが、それが終わるまでは油断できません。

震える指でクリックすること数回。
するとなんということでしょう。
「応募完了」というお知らせが目に飛び込んできました。

今までで一番も準備もなく手続きしたのですが、まさか申し込みができるとは驚きました。
ぎりぎりで時計に目をやったのは虫の知らせだったのでしょうか。なんにせよ良かったです。

こうして、ようやく申し込むことができた投資案件は何だったのでしょう。
落ち着いて確認しました。

「リースバック事業「あんばい」ファンド#1」

東証一部上場企業の“株式会社インテリックス”が借り手となる案件で、リースバック事業用の不動産取得資金の借り入れ案件になるそうです。
運用期間は約9か月で予定利回りは3.5%(年率)

Fundsの案件のなかでは利回りは低いほうに思いますが、とにかくスタートを切ることができましたので個人的には満足ですし、ここまでたどり着くまでにほんと疲れました。

こうして口座開設から苦節半年でようやく始まった新規投資。少し気持ちが落ち着きました。
これからも新規案件があればチャレンジしたいと思います。
チャレンジする場所はげんを担いであのショッピングセンター。しかも同じ場所に車を止めスタンバりたいと思います。

スポンサーリンク
資産運用
tobiuoをフォローする
流れのままに。。。転職と資産運用とそれから

コメント