ソーシャルレンディングで初の単月マイナス。2018年11月の副収入。

スポンサーリンク

残念イメージ

私の2018年11月に得ることができた副収入をまとめました。
12月以降子供たちの受験もあり何かと物入りになりそうなので少しでも収入が増えるとありがたいのですが、果たしてどうだったのでしょうか。

スポンサーリンク

株式関係

11月の株式による配当金は2社からいただきました。

アルコニックス:1,900円(税込みなので受取金額は1,515円)
コニカミノルタ:1,500円(NISA)

2社合わせて配当金の合計が3,400円(受け取り金額で3,015円)です。
実は11月間際にほかの会社からも配当金の案内があったので11月には1万円以上配当金があると勘違いしてしまいました。ぬか喜びです。

そのこともあり、少し拍子抜けしましたが逆に12月は期待できそうですので良しとしたいと思います。
また、貸株金利としての収入も272円と少しですがいただけました。

これを合わせて株式関係の収入は3,672円となりました。

ソーシャルレンディング

クラウドクレジットで運用しているソーシャルレンディング。
11月はついにマイナスになってしまいました。

東欧金融事業者支援ファンド 56 号(1万円投資):マイナス141円
東欧金融事業者支援ファンド 564号(2万円投資):プラス63円
【ロシアルーブル建て】マイクロローン事業者ファンド18号(2万円投資):マイナス482円

このマイナス分を前月は毎月分配の利金で補えていたのですが12月は厳しかったです。

ヨーロッパ自動車リースファンド1号:利金分65円
バルト三国自動車リースファンドII4号:元本分返済のみ
バルト三国自動車リースファンドII2号:元本分返済のみ
ペルー小口債務者支援プロジェクト39号:利金分193円

毎月分配分のプラスを足しても損益は302円マイナスという結果です。
返済は予定通りでこの結果ですので海外への投資については為替リスクを考えると厳しいものがあります。

しかもクラウドクレジットからは私が投資している2案件について遅延の連絡も入りました。

カメルーン中小企業支援プロジェクト17号
カメルーンでの国外送金がストップされたことによる遅延

北欧不動産ローンファンド2号
貸し付けをした不動産事業者の利息返済の遅延による影響

カメルーンはもろに買い付け先の国内事情によるリスク。
北欧不動産ローンファンドのほうは個別の貸付先のリスクという事です。

今のところ“遅延”という事になっていますが海外のことですので読めない部分も多く多少の不安が残ります。
とりあえず当面は静観しておこうとは思っていますが。。。
リスク分散でソーシャルレンディングを始めたつもりですが裏目に出そうで少し不安です。

AdSense

Google AdSenseの収益は約1,800円を少し超えたぐらいでした。
当然8,000円に達していませんのでこの金額は収入にはならず来月以降に繰り越しとなります。

ただし、今月は10月までの確定収益が振り込まれましたので久しぶりに収入として計上できました。

これまでの5か月分合わせての振り込みになり計8,600円ほどになりました。
これで2018年は2回で17,000円ほどの収入となり、何とかレンタルサーバーとドメイン費用の元が取れました。

また、この調子でいくと次に収入として計上できるのは来年の春ごろになりそうです。
このアドセンスによる収入ももう少し頑張りたいところです。

2018年11月副収入まとめ

以上をまとめると11月のトータルは
11,970円(税込み)
という結果でした。

たまたまアドセンスの収入が計上されましたので1万円を上回ることができましたが、安定的な収入にはまだまだです。
12月はボーナスもありますので少しでも配当を増やせるような投資を行っていきたいと思います。

資産運用
スポンサーリンク
tobiuoをフォローする
流れのままに。。。転職と資産運用とそれから

コメント