膨張する教育費としぼんでいく投資資金の狭間でもがいてます

スポンサーリンク

120176

今年最初の投信積み立てを行いました。
行いましたと言っても、積み立て買い付けですので昨年同様に投資信託を自動的に買い付けただけです。私の口座では。

これまでと違うのは、ついに妻の証券口座でつみたてNISAが開始されたことです。
私の行っている投信積み立てについては、今までと同じ金額の投資ですので、これに妻のつみたてNISA分が我が家の投資として上乗せとなりました。

子供用にジュニアNISAでの投資も行っているのですが、こちらについては2018年は新規投資はしない予定です。

これらをまとめると、2018年我が家の資産運用として追加出資計画は次の様になります。

1)私の証券口座
たわらノーロード日経225:投信積み立て
<購入・換金手数料なし>ニッセイJリートインデックスファンド:投信積み立て
三井住友・DC新興国株式インデックスッファンド:投信積み立て
たわらノーロード先進国リート:投信積み立て
たわらノーロード先進国株式:投信積み立て
<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国債券インデックスファンド:投信積み立て
<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド:投信積み立て
楽天全米株式インデックスファンド(楽天VTI):貸株金利+楽天ポイントで買い付け

2)妻の証券口座
楽天全世界株式インデックスファンド(楽天VT):つみたてNISAで設定
楽天新興国株式インデックスファンド(楽天VWO):楽天ポイントが溜まれば買い付け

これらトータルで年間の出資は恐らく100万円をすこし超える程度にとどまりそう。
今年は子供たちの大学受験が控えているのでこれが精一杯にではないかな、と思います。

子供の受験関連ではパッと思いつくだけでも次のようなものがあります。


・塾の費用
双子なので一気に二人分必要です。
特に夏期講習などがあると追加で10万円単位でお金が飛んで行ってしまいます。

・受験の費用
受験費用、交通費、場合によっては宿泊代と思いのほか変動し、高額になる可能性があるのがこの費用。
子供たちの志望校次第ですので、出来れば近場にしてほしい。。。

この大学受験を皮切りに教育費が最もかかる時期を迎えますので、これから5年程度は投資の資金をねん出するのには厳しい時期になって来ます。

判ってはいたことですが、いざその状況を前にするとやはり厳しさが身に染みてきます。
何とかこれからもこの程度は投資資金として捻出できる様頑張っていきたいです。
子供たち、浪人はしない様にね!(そして留年も!)

資産運用教育
スポンサーリンク
tobiuoをフォローする
流れのままに。。。転職と資産運用とそれから

コメント