昇進で給料増額。安定のプラス収支化。

スポンサーリンク

856534

私はサラリーマンとして働いていますので毎月給料をいただけるのですが、給料日になってもわくわく感はあまりありません。
というのも管理職の場合残業手当などがありませんので、毎月の支給額が全く同じだからです。要は給料明細を見なくても支給額はわかるということです。

給料の支給額が変わるのは春先の昇給の時と6月の源泉徴収税額が変わった時の年2回。その時は給与明細を見るのが少し楽しみだったりします。
その時期が過ぎるとまた淡々と同じ金額の給料をいただき日々が続くことになります。

そんな調子で今年も8月の給料日を迎えました。

今回も給与明細をいただいたもののどうせ毎月同じ金額だし。
そんな気持ちですので明細を受け取ってもすぐに開ける気にもなりません。

ですが、虫の知らせでしょうか。
何となく見てみようかという気になって明細の封を切りました。
いつものように何気なく目を通して目を離したのですが、ふと違和感を感じて明細を見直しました。いわゆる2度見です。

「金額がいつもより多いような。。。」
それも千円やそこらではありません。これは確認しなければ。

こういったとき便利なのがマネーフォワードです。
すぐにスマホで先月の振込額を確認してみると、やはり今月は振込額が増えています。
しかも結構な金額です。

一瞬、総務が振込額を間違えたかと思ったのですが、落ち着いて考えると心当たりがありました。
そういえば今年昇進したな、と。

あまり大きな昇進ではなかったのですが、この春に管理職としての役職が少し変わりました。まあ、昇進といえば昇進なのですが、それほど大きなものではなかったので私自身あまり気にしていない程度のものです。
逆にわざわざこの程度で辞令をもらったので大げさだなと思っていたのですが、会社的にはそれなりの人事だったようです。

会社としては昇進したのだから役職手当を増額しなければということで8月の給料から反映されたようです。

その額2万円。
これは大きいです。
何しろ毎年の昇給額が千円、2千円という状況なのに一気に2万円とは破格です。
特に期待していなかっただけに驚きました。本当にありがたいことです。

これで今年は
・春の昇給
・子供たちが扶養控除の対象になったことで税額減少
・昇進による給与アップ
のトリプルプラスで前年より手取り額が月3万円強のプラスです。

これでも前に勤めていた会社から比べると給料は少ないのですが、一気に差が縮みました。
何よりうれしいのが、今回の収入増で毎月の収支が安定してプラスに転じたことです。

今までは、月によってはマイナスで投資に回す資金や、足りなくなった生活費などは退職金から回さざるを得ないときがありました。
これが今月からは安定して余裕資金が出せるようになりそうです。

早期退職、転職してから数年経過してようやく収入面では安定しそうな状況になりました。
これからは、もう少し落ち着いた気持ちで生活・資産運用できそうです。

そういうことで、この週末はほっこりと過ごしているのですが、週明けに今月の支給額が間違ってたと総務が言ってきたりしないだろうな。
それが今の気がかりです。

コメント