夏休みの過ごし方…2017

スポンサーリンク

0-01

今年(2017年)ももう7月半ばになりました。
我が家の高校生になる子供たちはもうすぐ夏休みに入ります。
いつもでしたら、子供たちも長期の休みを前にしてウキウキしていると思うのですが、今年はそうは言っていられません。

というのも彼らも高校2年生ですので大学進学について動き始める時期になっているからです。
流れとしてはこの夏休みにオープンキャンパスなどに行って大学の見学をしつつ、志望校をある程度絞り込まないといけないようです。
まだ高校生活は半分も過ぎていないのですが、早くも進学を考えなければならないというのは本当に大変ですし、少しかわいそうでもあります。

しかし、どこの高2も基本同じです。頑張ってもらうしかありません。
そんな子供たちですが、親の私としては特に今まで進学に対して口を出すことはしていませんでした。
ただ、やはり私なりに希望はあります。

出来れば公立で自宅から通学できる距離の大学。

虫が良いかもしれませんが、これが費用を負担する親としてはありがたい進路です。
特に我が家は双子ですので、一度の出費はかなり堪えます。(逆に短期間の出費で済むというメリットはありますが。。。)

幸いこの条件の大学でも学力的には問題なさそうです。
ですので地元の国立大学なんかだとベストではあるのですが、どんなものでしょうか。
そろそろ本人たちの胸の内を聞いてみないといけないなぁと思っていました。

そうして、さりげなく子供たちが大学ネタで話しているのに耳を澄ませたりしていたのですが、ついにその内の一人から相談を受けました。

「大学に入ったら、下宿しても良いかな?」
これこそが、恐れていたセリフです。(金がかかるなぁー:心の叫び)
言った本人としては地元の大学も考えたものの自分が行きたい学部は無かったとのことで、色々考えた末の告白だったようです。

「あそこの大学がおしゃれだから」などと言われると、「そんな理由で出す金はない!」と逆上しそうですが、真面目に将来を考えての選択の様ですし、家を出てお金がかかる分、出来るだけ授業料がかからない公立大学の中から探しているようです。

こういわれると、私としても頭ごなしにダメとは言えません。
「行きたい大学があるのなら、父は反対しない。頑張りなさい。」
と平静を装いながら言いつつも、気になるのは実際に資金的に行かせられるのか?です。

学費もそうですが、そこにプラスされる一人暮らし費用がどのくらいかかるのか?そこが問題です。
今までざっくりと想像していただけですが、どうやら現実になりそうですので今のうちに試算しておく必要がでてきました。

で、とりあえずあたりを付けようと簡単に調べることにしました。

まずは大学にかかる費用です。
これは大学のホームページで調べました。(公立だとどこも同じくらいの様です)

・入学金       282,000円(初年度のみ)
・授業料       535,800円
・費用(保険など)   45,000円

初年度862,800円で2年目以降は580,800円になるようです。

次に暮らしにかかる費用なのですが、特に気になるのは住居費です。
探せばいくらでも安いアパートなどはあるのでしょうが、我が家の子供の内ひとりは女の子です。セキュリティ面が気にかかります。

そこで、いったんセキュリティ重視で考えてみることにしました。
インターネットで調べると、女子専用の学生マンションというのが結構見つかりました。
オートロック、食事つき(選択)、管理人常駐など、親が安心する条件が整っています。

この条件だと
食事付きで大体1ヶ月7万円くらいかかるようです。
これ以外に通信費や交通費、生活費がかかるでしょうから、それをざっくり25,000円と考えると、
生活費に年間114万円ほどかかるという計算になります。

それで、ここまでの費用を合計してみます。
初年度202万円
2年目以降172万円
という計算になりました。4年間で718万円です。

これ以上かかった場合は足りない分はバイトで補ってもらうとしてもかなりの大金です。
しかも二人とも家を出るとなるとこれの倍がけ(1,400万円越え!)になってしまいます。
まあ、息子の場合は安アパートでもよいでしょうからもう少し安くあげられるかもしれませんが。(少しひどいか?)

一応、学費には早期退職でいただいた退職金を充てようと思っていますので教育費で破綻することはなさそうですが、残った資産で切り盛りするのはかなりの困難が予想されます。
少なくとも定年まではしっかりと働かないといけなさそう。。。
子供たちの大学進学を考えると、いよいよ覚悟を決めないといけないのかなあ。と。

「宝くじでもあたらないかな」。。。この考えが頭をよぎります。
とはいうものの、最悪の状態(マイナス)という事はなさそうですので、子供たちにはある程度安心して進学先を選ぶように言うつもりです。

後は学力が問題ですが、これは本人たちに頑張ってもらいましょう。
そして是非とも留年せずに4年で卒業してもらいたいです。

しかし、ふと思ったのですが、もし子供たちが大学進学で一人暮らしをするようになったら、一緒に暮らすのも残り2年ありません。
こちらの事実に少し唖然としてしまいました。

私の住まいがあるのは地方なので、就職して帰ってくるという事も無いでしょう。
そういう事ですので、先の心配はあるものの残されたこの時間。入試などでバタバタしそうではあるのですが、大切に過ごしたいと思います。

スポンサーリンク
教育
tobiuoをフォローする
流れのままに。。。転職と資産運用とそれから

コメント