ソーシャルレンディングの投資を今後どう考えるのか

スポンサーリンク

117159b

先日、新たな投資としてソーシャルレンディングを始めました。
選んだ運営会社はクラウドクレジット。
ここの特徴は海外の消費者ローンや事業者ローンに直接投資を行うというものです。

「ミドルリスク・ミドルリターン」の投資になるようですが、1万円から始められるということで多少ハードルが低く感じました。
新しい柱になるか?ソーシャルトレンデイングを試してみる。

ということで試しに10万円投資実行。手続き自体は非常に簡単でした。
投資したファンドは「東欧金融事業者支援ファンド15号」です。

楽天市場

詳しい内容はホームページを見ていただくとして、このファンドは投資期間7か月で期待利回りは10.4%(ただしユーロ建て)です。
その投資倍率は1.053倍となります。

私はこれに10万円投資しましたので、7か月後の12月には5000円ほどのリターンが期待できることになります。
この投資自体は一旦実行すると何もすることはありません。じっと満期になる時を待つのみですので全く手間はかかりません。

で、この投資はそれで良いのですが今後どうするのかで悩んでいます。
今回7か月満期のファンドを選んだのですが、同様のファンドに毎月出資したとすると、7か月目以降毎月利息という収入が期待できます。

毎月10万円の投資で利息が5000円程度。(今後利率は下がる傾向のようですがそれでも数千円はいただけそう。)
8か月目以降は最初に投資した資金の再投資すれば良いので、継続的に月10万円投資するとして投資原資は70万円です。

これなら毎月分配の投資信託よりは投資先として良いように感じます。
とはいうものの、リスクは「ミドル」です。この辺りをどう考えるか。
毎月の出資は別々のファンドへの出資ですので、少しは分散投資になっていると考えると、許容できるのかな、いや、運用会社のリスクはどう考えるのか。。。

それなら、隔月での投資で様子を見ようか。
などなど、色々悩んでしまいます。
クラウドクレジット自身は伊藤忠商事が株主であったりと運営会社としては信頼できそうです。

うまくいけば、株式の配当金と合わせて年間の利益を投資に回すという良い循環も期待できそうです。ただ、うまくいけば。。。皮算用通りいくのかどうかもう少し、熟考したいと思います。

スポンサーリンク
資産運用
tobiuoをフォローする
流れのままに。。。転職と資産運用とそれから

コメント