時間外労働時間を65時間に短縮したら楽になるの?厳しいです。

スポンサーリンク

6d9fa5b19d4efe8f735205d1cdb4283f_s
電通の過労死問題。過労死の基準とされる月80時間を大きく超える時間外労働をしていたとのこと。
心身ともに疲弊してしまい、今回の痛ましい事態になってしまったようです。
私も昔たまたま、電通の方と仕事をしたことがあり過酷な労働環境だったことは聞いていました。

流れのままに。。。転職と資産運用とそれから

随分昔の話でしたが、それがまだ続いていたとは驚きです。
その電通ですが、今回の事件を受け時間外労働時間を従来の70時間から5時間短縮し、1ヶ月65時間以内に改めるそうです。

この月65時間というのはどうなんでしょうか。考えてみました。
 


時間外労働とはいわゆる残業のことです。
休日出勤での労働時間は含めないようですが、実際には所定の労働時間が週40時間以内と法律で決められていますので、1日の所定労働時間が8時間の場合は5日間を超えると結果的に時間外とカウントされるようです。

それで考えてみました。

まず、毎日通常の出勤日には残業を2時間するとします。
そうすると、時間外労働は週10時間です。1ヶ月で40時間になります。
65時間まで残業しても一応問題無いということであれば、あと15時間働く(働かせる)ことが出来ます。
残業時間を増やすのであれば3時間残業を月に15日することになります。
もしくは毎日2時間残業して休日出勤を約2日するか。。。

一般的な週休2日制で土日が休みの会社の場合で考えると
 
 ・月~金曜日は毎日残業2時間。
 ・隔週で土曜日も出勤(2日とも定時より30分早く帰る事ができる)

昔の人はこれぐらいだったら、大丈夫と思われるかもしれません。
私の親世代では週休1日の会社も多かった頃もありますし。

ですが、現在ではこの働き方はかなり消耗してしまうのではないでしょうか。
今や、携帯やPCがあたり前の時代です。

以前であれば、出張などの移動中や外出などで多少気を抜く時間を持つことが出来ましたが、今やそんな時間にもPCで仕事をしたり携帯に連絡があったりして余裕がなくなってきています。

そんな環境では昔と同列には考えにくいでしょう。今の環境では時間外65時間というのは相当きついと感じます。

私の場合は以前勤めていた会社でも、せいぜい月に40時間が最長だったと思います。
転職した今の会社でも幸い残業や休日出勤はあまりせずにすんでいます。

「月に65時間残業しても良いよ」と言われても1ヶ月も持ちそうにありません。
電通さんにはこういったことがあったので、5時間減という形だけの対応ではなくせめて、「半減」すると言うぐらいの対応をしてもらいたかった。

65時間残業のシミュレーションをしてみて改めて感じてしまいました。

スポンサーリンク
いろいろ
tobiuoをフォローする
流れのままに。。。転職と資産運用とそれから

コメント