配偶者控除の廃止。税制以外のデメリット

スポンサーリンク

2c288f6c737829445e3a0db1463c5771_s

働き方改革の一環で配偶者控除の見直しについて議論が進められています。
いわゆる103万円の壁だとか130万円の壁だとかをいうやつです。
この収入の壁があるために共働き世帯の主婦層の働きかたが制限されてしまっている。そこでこの制限を取っ払い、別の控除を設けようという考え方です。

私の妻も今はパートで働いていますが、配偶者控除の範囲内で働いてもらっています。確かに税金対策の意味合いもあるのですが、実はそれだけではありません。
私たちの場合は、この制度を盾に会社側に都合の良いように使われないようにしているという面もあります。


妻は勤務先とパートでの雇用契約をしています。最初の契約では基本的には午前中の勤務という事で雇用契約をしました。
しかし、最近は人手不足ということもあり、日によっては残業という名目でほぼ1日働くようなことも頻繁におこっています。
もちろん、協力できるところはしています。本人も他のパートさんも大変なのでお互い様と言いながら時間延長で働いています。
しかし私としては家庭の事情と本人の体調のこともあり、時間通りに帰らせてあげたいところです。

そこで、使うのが103万円の壁です。
普通に残業はしたくないと会社に断る事は難しいですが、「控除の範囲内で働きたいので」というと会社側もそれでも働けとは言えません。
元々雇用契約にもこのことは明記されています。
やはり、法律を盾にするのは角が立たずに楽です。

これが、なくなるとどうなるでしょうか。長く働いて稼ぎたい方には良いのでしょうが、我が家のようにフルタイムで働くのは負担になる人にとっては、立場的に不利になるような気がします。

ずるずると、なし崩しに勤務時間が長くなりほぼフルタイム勤務になってしまいそうで。。。
そうなると、安い賃金でフルタイム働かされるというパートさんが増えそうな気がします。
「私は契約通り、時間が来たら帰ります!」
会社に向かってこんなことが言える人は僅かでしょう。

配偶者控除制度の本質とは違う話ですが、こういった、制度の使い方をしている場合もありますので、制度を変える際にはぜひ、労働時間についての改革も考えていただきたいと思います。

スポンサーリンク
節約 いろいろ
tobiuoをフォローする
流れのままに。。。転職と資産運用とそれから

コメント