今年2回目のふるさと納税。。。Tポイントが使えることに感謝

スポンサーリンク

b1ed83400f30c35b45bfa563bd18b7ab_s
今年からふるさと納税を始めてみました。

 ふるさと納税。。。初体験です(申し込み編) 

はじめての時は結局自己負担が2000円かかるのでお得かどうかは「?」だと思いながら申し込みました。
ですが、今回は2回目。
これ以上は私の納税限度額まではいくら使っても最初の自己負担から変わりません。 

しかも納税にはクレジットカードを使用しています。
ポイント還元がありますので使うほど自己負担が少なくなります。
そこで、2回目のふるさと納税を行うことにしました。
 


その前に私の場合どの位までふるさと納税出来るのか上限額の確認をしました。
いくらでも出来ますが、自分の納税額を超えてしまうと超えた分の還付は受けられません。

そこでふるさと納税サイトの「ふるさとチョイス」 でシミュレーションして確認です。
必要なのはふたつ。
 給与収入:今年分の「市町村民税税額決定通知書」に記載されている給与収入
 医療費控除:今年は確実に10万円を超えそうです。大体の金額を見積りました。

その他色々入力しなければなりませんが、基本的には市町村民税税額決定通知書に記載されています。
その結果私は後25000円程度は寄付できるようです。

そこで、1万円の寄付でめぼしいお礼品を探してみました。
結果今回は「新巻鮭」を貰える自治体に寄付することにしました。

北海道浦河町・・・北海道日高産 新巻鮭姿切身

約 2kg程度のものが1匹いただけるそうです。
早速申し込み。

前回同様今回もYahoo公金支払いを使ってカード払いにすることにしました。
カード払いの手続きをしようと手続きのサイトに行くとTポイントでの支払いも出来ることに気づきました。

現在Tポイントは3600ポイントほどあります。
そこで2000ポイントを使って残りをカード払いにしました。

ふるさと納税は実質2000円の負担で色々なお礼品が貰えるという制度です。
今回2000円分をポイントで支払ったので実質自己負担はゼロということになりました。
さらにカード払いでポイントの還元もあります。

実際やってみると、最初に悩んでいた2000円の自己負担も工夫次第で無くせることが判りました。
これは節税策の少ない私達サラリーマンにはありがたい制度です。

寄付の残り枠は15,000円ほど。 
なるべく良いお礼品が貰えるようリサーチしたいと思います。 

 

スポンサーリンク
節約
tobiuoをフォローする
流れのままに。。。転職と資産運用とそれから

コメント