児童手当から就学支援金への転換点がやって来ました

スポンサーリンク

22338b43e8547cf937d74e719d66eca2_s
先日、児童手当が支給されました。
4ヶ月✕2人分で8万円です。忘れた頃に支給されるので毎回得した気分になります。ありがたい。
しかし、とうとう子どもたちも3月で中学を卒業となりますので支給は3月まで。
あと2ヶ月分(4万円)です。

我が家は子供が双子ですので補助金打ち切りも一気にきます。
今から覚悟して置かなければ。


4月からは晴れて高校生になります。
何年か前には高校の授業料無償化があったと記憶していますが、今どうなっているのかはっきりと把握していませんでした。
そこで、確認することにしました。

高校無償化は平成26年度で終了し、新たに「高等学校等就学支援金制度(新制度)」に変わっているそうです。
内容は所得制限はあるものの月額9,900円が支給されるとのこと。また、私立高校の場合は所得により加算されるそうです。(1.5倍~2.5倍)

児童手当が月10,000円 でしたから、あまり変わらないようです。
ですが、支給方法が児童手当とは変わります。
この支援金は直接高校に支払われ、授業料に充てられるそうです。

公立高校の授業料を見てみるとこの支給額でほぼまかなえるようです。ですので、実質授業料無償化。
私立の場合は加算はあっても無償とはならなさそうです。

ということで、児童手当の支給は終了しますが、高校卒業までは公的な援助は続くようです。
ひと安心。ありがたく頂戴したいと思います。
次に心配なのは大学です。
あと3年でどれだけ準備できるのか。出来るだけ子どもたちの進路の幅を狭めないように準備したいと思います。


教育節約
スポンサーリンク
tobiuoをフォローする
流れのままに。。。転職と資産運用とそれから

コメント