世間のスタンダードはWord?Excel?

スポンサーリンク

bsCSSS85_zangyoumonita20131019

新しい会社に再就職して、環境の変化になかなかついていけず、苦労したことは以前の記事にも書かせてもらいました。

その記事はコチラ 


その時の記事通り、一番大変だったのは周りは知らない人のみ、仕事もまず何をどうすればよいのか判らないという、社会人経験30年近くにして新入社員の状態になってしまったということでした。
 それの解決策については、“時間”。。。これに尽きると思います。時間がたてば環境にも慣れてきますし、仕事も少しずつ分かるようになって来ます。

実際には「石の上にも3年」という諺があるように、採用いただいた時の期待に応えられるようになるまでにはもう少し時間がかかるかもしれませんが、精神的には3か月から半年ほどで落ち着いてくると思います。

今回はそれ以外で戸惑ったことについて書いていきたいと思います。

最近は、いわゆるIT化が進んでおり、中小企業といえどもある程度PCを導入し、仕事に活用されろようになってきています。
私の入った会社でもそれなりに導入がされておりました。

・社員個人のメールアドレスが割り当てられている。
・文書類も手書きはほとんどなく、PCで作成されている。

特に文書関係については結構な種類作成されており、充実ぶりに非常に驚きました。
そして、私の業務のひとつに、この文書類の管理というのが与えられました。管理というのは今ある文書を改訂したり、新しく作成する必要のある文書が出来たら作成するなどです。

これは以前いた会社でも同じような業務に関わっていましたので、再就職後の業務でも一番戸惑い無く出来る内容でした。

ところが。。。
この文書の作成の方法について思わぬことが。

基本的にこの会社ではマイクロソフトのOfficeを使用しています。これは一般的ですし、私も以前から使っていましたので問題はありません。
Officeには何種類かソフトがありますが、一般的によく使われるのは「Word」と「Excel」の2種類だと思います。
私の使い方は
 Word:報告書や仕様書などの文書を作成する。
 Excel:データの入力や一覧表などを作成し管理をする。
という感じでした。

ところが、いざ文書を作成してみようと思い、保存されている文書データを見てみると、ほとんどが「Excel」で作成されていました。ちょっとしたカルチャーショックでした。

2017/7/13追記)Excel方眼紙とか言うそうですね。今頃知りました。


のちに、他の会社に転職した元同僚にこの話をしてみたところ、同じように基本Excel中心で文書が作成されているとのことでした。その会社ではWordで文書を作成するとExcelで作成しろと言われたそうです。

確かにExcelで文書は作成できます。しかしWordで表計算は出来ません(表は作れますが。。。)
どちらかひとつしか使えないのであればExcelになるのでしょうけれど。。。

で、当面はその会社のやり方にならってExcel中心で文書を作成することにしました。とにかく会社に溶け込まないと。。。
これが結構厄介です。会社の皆さんはWordは使いにくいといいますが、その辺も理解できません。
確かにWordは改行したときに勝手に見出し項目が入ったりする「余計なお世話」機能もありますが、Excelでは画面通りに印刷できないなど私にとってはそれ以上に使いにくいものがありました。

これに慣れるのにも時間がかかりました。今は基本的にExcelで文書を作成しています。
ただし、これについては少しずつWord化を進めてやろうと企てています。

と。。。ここまで書いていて過去の記憶が少し蘇ってきました。
以前の会社では、付き合いのある会社がたくさんありました。色々と文書のやり取りをするのですが、その会社の指定フォーマットが送られてくる時にしばしばExcelで送られてきていました。当時面倒だなと思いながら指定フォーマットに入力していたのですが今思えば結構Excelでの文書作成しているところも多いのではないかと。

意外にWordは少数派なのか?
私の中のスタンダードが今ぐらついています。

 



スポンサーリンク
再就職
tobiuoをフォローする
流れのままに。。。転職と資産運用とそれから

コメント