愛車のバッテリーを自力交換で大幅費用削減しました。失敗談も。

スポンサーリンク

自動車整備イメージ

私の愛車も新車で購入してからすでに7年になりました。
歴代の愛車の中でも特に気に入っており、今のところ買い替えなんてことは考えたこともありません。

ただし、年数を重ねるといろいろと部品の交換などお金をかける必要も出てきます。
そしてそれが意外と高額になったりすることも。

それを少しでも節約しようとバッテリーの交換を自力で行ってみました。

スポンサーリンク

コトの始めはタイヤの新調から

新車で購入し早7年の歳月が流れた我が愛車。
走行距離も7万キロ近くになっています。
このくらいの距離年数になるとタイヤを新調する時期でもあります。

私が住んでいる地域は冬に雪が結構降るため自家用車を持つ場合は通常のタイヤに加えて冬用のスタッドレスタイヤを持つことが一般的です。
ですのでタイヤを新調するとなると夏用と冬用で費用は倍かかってしまうことになります。

これが結構きついのでここ2年ほど新調することを先延ばしにしていました。
ですがもはや7年目、ついに新調することに踏み切ることにしました。
まずは冬タイヤを新調し、春に夏タイヤを購入することにします。

これだけで20万円ほどの出費。
そこそこの金額をいただいた今年の冬ボーナスが一気に目減りしてしまいますが、命を預けているタイヤです。
涙をこらえつつタイヤショップに足を運びました。

タイヤ交換時にバッテリーの劣化を指摘される

さて、タイヤショップを訪れ、タイヤを購入し交換してもらいました。
ショップでは交換時に色々とタイヤ以外のところも点検してくれます。

ワイパーのゴムが劣化していますが交換はいかがですか?

エアコンのフィルターがかなり汚れていますが交換しませんか?

そんなほぼ売り込みに近い点検結果を華麗にスルーしていると、とうとう切り札を繰り出してきました。

バッテリーがかなり劣化していてそろそろ交換時期ですねぇ。

確かに前に交換してから3年ほど経過しています。アイドリングストップが付いた車の場合だとバッテリーの消耗も激しいので交換時期といわれるとそうかもしれません。

当店で交換していただくと38,000円になりますがいかがですか?

。。。「高っ」

タイヤ交換だけで10万円ほどかかっているのにそれに加えての高額出費。
即決できるわけもありません。
その場は保留という事で帰宅しました。

バッテリー交換の相場とは?

さて、突如勃発した我が愛車のバッテリー問題。
確かに前回交換してから4年近く経過していますのでそろそろです。
真剣に高額出費を考えなければなりません。

とはいえバッテリー交換の相場ってどの位なんでしょうか?
単に言い値で交換するのは少し悔しいものがあります。

ちなみに前回はディーラーで交換し4万円位かかった記憶があります。
最近の車はアイドリングストップが付いているためそれ用にバッテリーも高額になっている様子。

環境には優しいですがお財布には優しくない。

それでも少しでも安くできないかと近場のオートバックスに行ってみました。
そこでの価格は36,000円
プラス交換代に500円プラスになります。

そういう訳でバッテリー交換をお願いしようとすると4万円近くすることがわかり、少し途方に暮れてしまいました。
ならば、実際ネット通販でバッテリーを購入した場合どのくらいなのかが気になります。
早速検索してみると。。。

最安値16,340円!
オートバックスより2万円も安く上がります。

こうなったら自力で頑張るしかないか。。。
頼るはネット通販、そして自力で交換という事になりました。

ネット+自力で大幅に安くなるも関門も。

早速ポチると便利なもので2日後にはバッテリーが届きました。

それがこれ、パナソニックのCAOSというやつです。

バッテリー写真

手に入れば後は交換するだけです。
交換自体は難しいことではありません。

「マイナスから外してプラスから取り付ける」

バッテリー交換で注意することはこれだけです。昔は、ですが。
では、最近はどうなんでしょう。

「メモリーセーブ」これが必要になります。
最近は自動車もコンピュータ制御になってきていますので、何もせずにバッテリーを交換すると今まで保存されていたメモリーが全てリセットされてしまいます。

時計に時間表示がクリアされるだけならそれほど苦労はないのですが、燃料系の学習もリセットされてしまうとアクセルレスポンスが異常に悪くなったり、パワーウインドウのオート動作ができなくなったりと色んな弊害が出るようです。

こんなことが起こるととても面倒です。
対策は「メモリーセーバー」
これもネットで販売されています。それがこれ。

バッテリ-セーバー

乾電池を使って一時的にバッテリーなしでもメモリがリセットされないという便利グッズです。
これも追加で購入し、いざ自力交換に挑戦しました。

実際に交換。そしてメモリーは?

愛車のボンネットを開けバッテリーの位置を確認します。
思えばめったに開けないボンネット。そこにはほぼ初めて見る光景が広がっていました。

バッテリーはすぐに見つかりました。
早速メモリーセーバーを車のシガーソケットに差し込み車のキーをACCに合わせます。
メモリーセーバーにつないでいるのは乾電池のみですのでできるだけ電気消費を減らすためルームランプなどはあらかじめOFFにしておきます。

...とここで誤算。
ACCではカーナビが動作するのですがこれがその状態ではどうしてもOFFにできないことが判明。
これは乾電池のみのバックアップでは荷が多いかもしれません。
ACC接続ではないバッテリーセーバーを買えばよかったと後悔するも時遅しです。

しかし今更後戻りはできないとそのまま交換を続行することにしました。
そして作業すること30分。
結構重いバッテリーのためぎっくり腰に気を付けながら無事に交換は終了しました。

そして緊張のエンジン始動。
エンジンはかかりました。
しかし、時計を見ると時間がくるっています。これはメモリーがクリアになったのか?
心配が現実になりました。
メモリーセーブに失敗したようです。

アイドリングは安定しませんし、場合によってはエンストします。
車を動かそうとアクセルを踏むもエンジンの回転は上がりません。そこから少し踏み込むと一気に回転が上がり急発進!
これは非常に危険です。

安いからと自力で交換したのですが大失敗か。。。少し落ち込みました。

メモリー再学習まで頑張る

しかし今更元には戻りません。
調べると100km位走行すると学習ができてほぼもとに戻るとの情報です。
出来るだけ通常量が少ない道路を選び車に再教育することにしました。

そして大体50㎞位走るとぎこちないものの何とか運転できるレベルに戻りました。
ここでようやくひと心地。ほっとしました。

その他についてはメモリーが残っていたようでパワーウインドウなどの動作には問題なく、今は普通に使えるレベルまで復活しています。

まだまだ本調子ではありませんが2万円ほどの節約は実現できたわけですから多少の不便は我慢したいと思います。
次は高額でも確実なメモリーセーバーを買います。そうすれば節約効果は絶大になると思います。

今回の自力交換。
問題はあるもののやってやれないことはないという報告でした。

スポンサーリンク
節約 趣味
tobiuoをフォローする
流れのままに。。。転職と資産運用とそれから

コメント