格安スマホ(楽天)から格安スマホ(BIGLOBE)への乗り換え

スポンサーリンク

132411

我が家のスマホ事情は4人家族の内、3人がMVNO、いわゆる格安スマホ(格安SIM)にしています。
その構成は楽天モバイル2回線にmineo1回線という具合です。

 

「格安」にしたからといって、特に不便は感じませんし、それよりも圧倒的な節約効果に非常に満足しています。
そんな満足度の高い格安SIMですが、わけあって今回乗り換えることにしました。
その訳とはスマホの買い替えをどうするか?という問題です。
実は少し前に、楽天モバイルで使用しているスマホを1台買い換えました。

 

元々使用していた機種はASUSのZenfone2です。
これをモトローラのMoto Z2 Playに機種変更したのですが、ここで思わぬ費用がかかりました。

 

SIMカードのサイズがZenfone2はマイクロSIMだったのですが、Moto Z2 PlayナノSIMとサイズが小さいものになっています。

 

SIMカードがそのままでは使えませんので、契約している楽天モバイルにSIMサイズの変更をお願いしたのですが、SIMカード発行料として3,000円かかってしまいました。

 

これが意外と痛かったです。
ただ、最近のスマホはナノSIMが主流になってきているようですので、いずれ切り替えは避けられないかと考えて思い泣く泣く3,000円支払いました。

 

で、これ以外に我が家に残った格安SIMで使っているスマホは2台になるのですが、いずれこれも買い替え時期を迎えます。

 

そのうちmineoで使っているスマホはたまたま、ナノSIMでしたのでスマホを買い換えても、そのまま使い続けられます。
万が一マイクロSIMなどサイズの大きいSIMカードを使っているスマホに変えた場合でも変換アダプターを使えば流用可能ですので心配はありません。

 

そうなると残るは今回買い換えた機種と同じく私が使っているZenfone2が問題です。。
そのZenfoneも既に3を超えて4になっていますので、最新機種の性能も気になりますし、いずれ買い換えたいなと購入欲も出てきています。

 

ただ、これら新品種は当然のようにナノSIM対応ですのでSIMカードの変更は避けて通ることは出来ないようです。

 

SIMカードのサイズ変更のみで費用が掛かるのは少しもったいないということで色々考えた結果、ひとつの作戦を思いつきました。

 

その作戦とは、別のMVNOに乗り換え、その時にナノSIMにしてしまえばSIMカード発行手数料がいらなくなるのではないかというものです。

 

ただし普通に乗り換えても逆に費用が掛かりますので効果はありません。
ザックリ考えても次のような費用が掛かります。

 

MNP番号発行手数料・・・3,000円
乗り換え時の初期費用・・・3,394円(BIGLOBEモバイルの場合)
合計6,394円
(解約手数用は楽天モバイルで1年以上たっているので無料。)

 

これだけなら、乗り換えずにSIM発行手数料のみの3,000円の方が安く、素直にSIM変更した方が良くなります。
しかし奥の手があります。キャンペーンです。

 

早速「価格com」で調べたところありました。
BIGLOBEモバイルの「価格com限定キャッシュバックキャンペーン」がそれです。(2017年10月31日までの限定キャンペーン)
最近CMをよく見かけるなと思っていたら、やはりキャンペーンをやっていたか。。。

 

その内容は、音声通話プラン3ギガプランの契約で16,000円キャッシュバック(契約後7か月後に11,000円、12か月後に5,000円)!

 

しかもGポイント3,000ポイントプレゼント(契約2か月目)のおまけつきです。
Gポイントも3,000円分として使えますので合わせると実質19,000円いただけることになり、手数料を相殺してまだ12,606円お得という有り難いキャンペーンです。

 

これを使えばSIMサイズ変更も問題なく実現できそうです。
そこで、思いたったら吉日、早速申し込みました。

手続きは簡単です。
まずは、楽天モバイルの「メンバーズステーション」にログインし、ページの下の方「登録情報・設定変更」の「MNP予約番号発行・確認」から申し込みをします。

 

私の場合は翌日に発行されていましたが、再度同じページから発行番号を入手します。
後はBIGLOBEモバイルで新規申し込みの手続きをすれば終了です。

 

数日後にはSIMカードが送られてきますのでスマホに差し替えて、BIGLOBEモバイルの開通手続きを行い、スマホのネットワーク設定をBIGLOBEの設定(同封されているサポートガイドを見ながら設定)に変えれば終了です。

 

ここまでMNP番号申請からわずか3日しかたっていません。

 

乗り換えに当たっては不通期間もほとんどなくリアルタイムに乗り換えが終了しました。
これなら、気軽に格安SIMを渡り歩くことも出来そうです。

 

ただ、スマホはまだ買いかえるつもりはありませんので、ナノSIMにマイクロSIM変換アダプターを付けて、もうしばらくはZennfone2に頑張ってもらおうと思っています。
追記
2017年12月にmotorolaの Moto X4に買い換えました。もちろんナノSIMでした。

 

という訳でまずは、費用をかけずにスマホの買い替え準備を整えつつキャッシュバックの恩恵もいただくことができました。
このキャッシュバックの差益分は新しいスマホを購入するときに助けになってくれそうです。

 

正直、格安SIMのMVNO業者ですが、今はほぼ横並びでどこにお願いしても変わらないと思っています。

 

ですので、スマホの買い替えなどのタイミングで、お得なキャンペーンがあれば躊躇せず乗り換えていきたいと思っています。

 

手続き自体もインターネットで完結しますので、それほど面倒でもありません。
以前とは違い、乗り換えの際の不通期間もほとんどありませんので本当に不便はなくなりました。
これからもキャンペーンには目を光らせていきたいと思っています。

 

スポンサーリンク
スマートフォン節約
tobiuoをフォローする
流れのままに。。。転職と資産運用とそれから

コメント