何もしていないのにポイント付与「楽天ポイント加盟店サービス」ってなに?

スポンサーリンク

考える女性

ある日のこと私が使っているメインサービス「楽天」から一通のメールが届きました。

そのメールの題名は
ポイント獲得のお知らせ「楽天ポイント加盟店サービス」
となっています。

ポイント獲得のお知らせというメールはちょくちょく届くのですが、「楽天ポイント加盟店サービス」というものは初めて見ます。

まさかスパムメールじゃないだろうなと警戒しながらメールの内容を確認しました。

そのメールには楽天スーパーポイント獲得の案内として2018年10月分(前月分ですね)の獲得ポイント明細が記載されていました。

ただ、このようなポイントサービスにも心当たりがなければ、このポイントを獲得したと思しき加盟店の名前にも全く憶えがありません。
「○○サービスステーション」
この名前から恐らくガソリンスタンドだと予想はつくのですが、いつも使っているガソリンスタンドの名前とは全く違っています。
所在地も関東の方になっています。私は関西在住ですので心当たりはありません。

不審に思いながらポイント付与の明細を確認しました。
するとそこには5回利用したことになっています。
「あれ、そんなにガソリン入れたかな?」疑問がわきます。
「もしや、不正利用では!」疑問が不審に変わっていきます。

もし不正にカードが使われていたら「ポイントがもらえた」とのんきに喜んでいる場合ではありません。
これは調査しなければ!と腰を据えて確認することにしました。

スポンサーリンク

答えは割と簡単に出ました。

さっそく楽天カードの楽天e-NAVIというサイトにログインして私が持っている楽天カードの利用明細を確認してみます。
すると何となく疑問は解けました。

私の自宅の近所にあって良く使っているガソリンスタンド(GS)は「エッソ」です。
そして見慣れない「○○サービスステーション」も確認すると「エッソ」でした。
このことから、どうやら同じエッソ系列のGSだろうということが判りました。

私自身そのGSは10月には2回しか利用していませんが、同じところで妻も給油しています。その妻も支払いには楽天カード(家族カード)を使っています。
その利用履歴はカード利用明細にきっちり記載されていました。

・私の車に給油:2回
・妻の車に給油:2回
・灯油の購入:1回

計5回、利用した日も明細と一致しました。
恐らくGSが違う名前なのは何かのミスかなと想像されます。

結局この翌日に楽天から次のような訂正のメールが入りました。

【対象のお客様】
2018年10月にENEOS・エッソ・モービル・ゼネラル系列の加盟店で楽天カードをご利用いただいたお客様

【メール件名】
ポイント獲得数のお知らせ[楽天ポイント加盟店サービス](2018/11/15)

【訂正箇所】
本文中の[2018年10月楽天ポイント加盟店ポイント獲得明細のご案内]の加盟店名称の表記に誤りがございましたので訂正させていただきます。

誤)○○サービスステーション

正)ENEOS・エッソ・モービル・ゼネラル

とにかく身に覚えのない支払いではありませんでした。
なんだこれか。。。脱力感とともに安心感が私を包み込んでいきました。

楽天ポイント加盟店サービスとは

さて安心したところで「楽天ポイント加盟店サービス」って何?という疑問がわいてきます。
かなり以前からそのGSを利用しているのに、どうして前触れもなく10月分から突然付与されたのかもわかりません。

調べてみると楽天市場のホームページで紹介されていました。

楽天ホームページから引用
ポイント加盟店サービスについて
ポイント加盟店とはどんなサービスですか?
ポイント加盟店は、全国の加盟店で楽天カードのご清算金額、100円につき楽天スーパーポイントが合計3ポイント獲得できるサービスです。
※「楽天カード利用ポイント」の100円につき1ポイントとは別に、2ポイント付与されます。
※ENEOSのみ、「楽天カード利用ポイント」の100円につき1ポイントとは別に、1ポイント付与されます。
※対象となる楽天カードはポイント加盟店サービスよりご確認ください

これまで楽天市場で買い物をした場合に楽天カードで支払いをした場合は
買い物(1%)+カード決済(1%)
で計2パーセントのポイント還元がありました。(ここではSPUプログラムは考慮しません)

ただ、これは楽天市場で買い物をした場合です。
楽天市場以外のネット通販や街中の実店舗で買い物をした場合は買い物自体にはポイントは付与されません。
楽天カードで支払った場合のみカード支払い分のポイント(1%)が付与されます。

ですので、楽天市場で楽天カードで支払うと還元率2%ですが、楽天市場以外だと還元率1%と半減してしまいます。まあ、当たり前で気にしてもいませんでしたが。

その不満(?)を楽天市場だけでなく提携のお店の場合はポイント還元できるようにしたサービスがこの「楽天ポイント加盟店サービス」ということです。

これはありがたいサービスです。ガソリンなんてネット通販で購入できませんので。
しかも付与されるポイントは期間限定ではなく通常ポイント
通常ポイントであれば投資信託の買い付けにも使えるなどグンと使い道が広がります。

なぜ、このタイミングで付与されたのか

このように「楽天ポイント加盟店サービス」が大変ありがたいサービスなのは判りました。
ただし、まだ疑問は残ります。なぜ10月から賦与されたのだろう?

これも楽天のホームページを見ればわかりました。
このサービスの紹介ページに小さく注釈に記載されています。

ご利用の流れ
とっても簡単!ポイント加盟店でポイントを貯めよう!
1.ポイント加盟店へ行く
2.楽天カードでお支払
3.ポイントゲット!

※楽天スーパーポイントはポイント獲得履歴・利用履歴でご確認ください。
※100円未満は切り捨てとなります。
※一部楽天スーパーポイントが2倍となる店舗がございますのでご了承ください。
※楽天ANAマイレージクラブカードをご利用でANAマイルコースをご選択の場合、カードご利用による獲得ポイントのみマイルに変換されANAマイレージクラブのマイル口座に進呈されます。
※楽天カード・アメリカン・エキスプレス®・カードでのご利用対象ポイント加盟店は、ENEOS・エッソ・モービル・ゼネラルのみです。
※エッソ・モービル・ゼネラルは、2018年10月1日以降の楽天カードご利用分からポイント2倍の適用になります。
※サカイ引越センターについては、専用見積もりページからお申込み頂いた方のみポイントが付与されます。
※楽天ペイアプリを利用して、楽天カードでご決済いただく場合、ポイント加盟店からの楽天スーパーポイントは付与されません(一部対象店舗を除く)。
※Apple Payでのお支払いは対象外です。

※印の6番目に書いてありました。
私が利用しているエッソは2018年10月から適用。
これですべてつながりました。ようやく納得です。

何気に楽天経済圏へ追加参入

こうして全く意識せずに私への楽天スーパーポイントが付与されるサービスが追加されました。これでこれからは、いつものGSでガソリンを購入したら楽天スーパーポイントが2倍です。

この楽天のポイント還元ですが、時には改悪されたり使いにくくなる時もあるのですが、今回のように何もせずに付与されるというお得な時もあります。
これだから楽天経済圏から抜けられない。

今回は少しドッキリの入ったお得な出来事でした。

節約いろいろ
スポンサーリンク
tobiuoをフォローする
流れのままに。。。転職と資産運用とそれから

コメント