何かと厳しい受験対策にスタディサプリを投入。

スポンサーリンク

146379

我が家では子供たちの大学受験を1年後に控え、色々と対策が必要な時期になって来ました。
対策とは主に進学塾(予備校)関係になるのですが、何しろ我が家は双子ですので費用も一気に二人分必要になります。

二人兄弟でも結局2人分払うのだから一緒では?というご意見もあるでしょうが、そんなに単純ではありません。
一括払いと分割払いの違いと言えばお判りいただけるのではないでしょうか。やはり分割の方が楽ではあります。しかもこの場合は金利無しですから。

で、子供たちの申し込み状況ですが、長女については今まで通っていた進学塾×2教科2コマに受験対策として予備校(映像授業)×2教科3コマが追加となりました。

対する長男の方はというと今まで通っていた進学塾はゼロ、予備校も乗り気ではなかったのですが、私たちの勧めもあり最も苦手な教科を1教科1コマだけ申し込む予定となっていました。先週までは。

ところが長男から思わぬ申し出がありました。予備校の教科を増やしたいとのことです。
やはりいざ大学受験に向き合うと不安になっている様子。

長女の勉強ぶりを間近で見ているのも影響しているのでしょう。
この辺りお互いに刺激しあえるので同時進行の双子メリットと言えるのかもしれません。

既に二人合わせて5教科6コマも申し込んでいる親としては苦しいところではありますが、冷静に見てみるとあまりにも不均衡な割り当てです。
では長女側を減らして平等に、という訳にも行きません。

折角やる気になっている長男ですので出来るだけ希望は聞いてやりたいとも思います。
そこで、「1教科追加くらいなら何とか」と考えていましたが、本人の希望を聞いてみると受けたい教科はふたつあると。

どの教科だろうかと聞いてみると一つは「物理」。
「あー、物理は難しいもんな。」と私の学生時代に苦戦した思い出がよみがえります。これはやむ無しか。。。

さて、残りの1教科は何でしょう?理系なので化学でもやりたいと言ってくるのかな?
そんなことを考えている私に長男の口から出てきたのは...
「“英語”を取りたいんやけど。」

意表をつかれた私。
いやいや、あなた英語はしょっちゅう学年で1位になっている教科ですやん!
英語検定のGTECでも普通に最高レベルではないもののGrade6(上から2番目で、海外進学できるレベル)とってますやん!
何が不満なんですか?

「いや、なんか不安やし」と長男。

受験生ですから言いようのない不安に襲われるのは判らないでもないです。
特にうちの子たちは発達障害を持っていますので不安が増幅されてパニックになりかねないのも良く分かってます。しかし英語とは。。。

出来ることなら受けさせてあげたいのですが、そもそも長男はそれほど塾には行きたがらないだろうと高をくくり長女への予算偏重となる構成にしていました。
ここに追加となると塾・予備校で二人分とは言え100万円コースになってしまいます。

「どうしよう」...頭を悩ます私にふと思い浮かぶものがありました。

“スタディ・サプリ”

スタディ・サプリとはリクルートが運営しているインターネット予備校のことです。
テレビCMでは度々目にしていましたが、その時はさほど気に留めていませんでした。
早速調べてみると、予備校の映像授業と同様に講師の受験用講座を映像授業で受けられるというものでした。

売り文句は「神授業、見放題」

その費用は月額980円。しかも何教科でも、です。
これならいける!

早速長男に提案です。
もともと出不精なインドア派の長男は通うことなく自宅で授業を受けることが出来るという事で興味津々。
まずは2週間無料体験でお試しということになりました。

その無料体験の結果、感想は上々の様です。
目当ての英語についても分かりやすい授業の様で、これを受けていれば不安感が抑えられそうな手ごたえ。

元々英語の実力はありますので、スタディサプリに助けてもらえれば充分です。
そのうえ他に勉強したい教科が出てきてもお金の心配は不要、思う存分勉強してもらいたい。

そういう事で、我が家の教育費がひっ迫している中で助け舟として登場したスタディサプリ。

補助的な役割で今回入会しましたが、内容を見る限りこれだけでも充分受験に対応できると思います。(長男の感想)
苦しい中でのまさに一筋の光明。本当に助かりました。

スポンサーリンク
教育
tobiuoをフォローする
流れのままに。。。転職と資産運用とそれから

コメント