インフルエンザ対策と会社の援助

スポンサーリンク

127833

冬になるとインフルエンザが心配になりますが、今年は流行のペースが少し早いとニュースでも取り上げられていました。

我が家ではこのインフルエンザの脅威に対抗すべく、今年も家族全員が予防接種を受け、無事終了しました。
予防接種については自分たちがインフルエンザにかからない様にすることはもちろんですが、インフルエンザになって周りに迷惑をかけてはいけないという事も考えての接種です。

特に子供たちは学校という人がたくさん集まる施設に通っていますので、予防接種は必ず受けるようにしています。

この予防接種をするためにかかる費用ですが、今年は一人当たり3,500円かかりました。
家族4人となると14,000円とそれなりに高額になります。

幸い私が勤めている会社では、このインフルエンザの予防接種に対しては全額会社で負担してもらえます。これは同居の家族も対象です。

ですので、今回かかった費用14,000円は会社に請求すれば全て返ってくることになります。
今回も予防接種の領収書を添えて補助の申請書を提出すると、その場で現金取っ払い、あっという間に費用回収できました。

この予防接種補助ですが、前に勤めていた会社でも補助は受けることが出来ました。
ただし、全額負担ではなく、かかった費用の3分の2しか補助してもらえませんでした。
例えば今回の場合は14,000円の内9,333円が補助されて、残り4,666円が自己負担ということになります。

また、前の会社では健康保険組合経由で補助の申請をしなければなりませんでしたので(しかもWEB申請)、手続きも面倒で時間もかかりました。
これが面倒で補助の申請をしない従業員も結構いたように記憶しています。

そういう訳で今回は転職前後対決として比較してみると転職後に軍配があがるという数少ないケースになりました。
これはもう、単純に会社側に感謝です。

それともう一つ、有り難いことに予防接種を受けておくと会社の制度として特別休暇制度というものも使えます。
これは予防接種を受けていて、それでもインフルエンザにかかってしまった(家族含む)場合は、会社を休んでも欠勤にはならず、特別休暇としてもらえるというものです。

予防接種を受けていなければ欠勤もしくは有給休暇の消化で賄わないといけませんので、これもまた有り難い制度です。

これらの会社の制度に助けてもらえるという事、周りへの感染などの影響を考えると、やはり予防接種は必要と考えて毎年受けるようにしています。

この様に、会社側も従業員に対して色々と援助してくれたりしますので、今年は予防接種をどうしようか悩んでいる方は一度会社の制度を確認してみてはいかがでしょうか。
意外に手厚い援助が受けられるかもしれません。

今はその制度が無くても「要望」という声をあげることで新たに援助してもらえる可能性もありますので一度会社の規定を確認することをお勧めします。

スポンサーリンク
健康
tobiuoをフォローする
流れのままに。。。転職と資産運用とそれから

コメント