深夜の電気をうまく使って快適な生活を手に入れよう。

スポンサーリンク

137815

私の自宅の電気ですが太陽光発電を導入したことをきっかけに深夜電力契約になっています。
深夜電力とは文字通り深夜時間の電気代が安くなる契約です。その代わり昼間の電気代は少し割高です。
深夜とは23時から7時までで、その時間帯は通常の1/3の料金ですので出来る限り深夜帯に電力使用をシフトした方が電気代(光熱費)の負担が抑えることが出来ます。

そこで、夜間の電力使用の有効活用をどの様に図っているのか紹介したいと思います。

その1 エコキュート
わが家は元々ガス給湯器で台所と浴室の給湯を行っていましたが、台所と浴室の距離が離れているため、浴室専用で給湯器を増設することにしました。(冬場にシャワーを使おうとするとお湯が出るまで時間がかかるので)
その際、夜間電力を有効に使えるようエコキュートを導入しました。
ガスと電気という給湯器の2台体制は設備投資が大変ですが、トータルの光熱費は抑えることが出来ています。夏場などはほぼ浴室にしかお湯を使用しませんので夜間電力の恩恵にあずかれています。

その2 食器洗浄機
これも割と早くから導入しました。もう15年くらいになるでしょうか。
1日分をタイマーを使って夜間に洗浄させることで電気代を抑えつつ食器洗いの手間を無くすことが出来ています。

その3 生ごみ処理機
生ごみについては、燃えるごみとして処分すれば何も費用は掛かりません。
しかし、しばらく置いておくと匂いが出てきて結構きつい。そこで、生ごみ処理機を導入しています。これは深夜電力の契約をする前から使っていました。
これもタイマーを使う事で深夜電力契約後は電気代を気にすることなく使えています。
処理後の生ごみは家庭菜園で肥料として再利用しています。

その4 除湿器
長年、浴室の湿気に悩んでいました。換気をしっかりしているつもりでも湿気は残ります。特に雨の日や冬場など。
隣の脱衣所にも湿気は漏れてきますので壁にもカビが出たりして結構悩まされました。
そこで、導入したのが除湿器です。
浴室を使用した後23時以降、脱衣所に設置し、浴室もろとも除湿するようにしました。
すると面白いように乾燥します。浴室はおろか脱衣所のカビも発生しなくなり快適な空間を手に入れることが出来ました。
ちなみに除湿器はコンプレーサー式の方が効果が高いようです。

以上のように家電製品を毎日稼働させているわけですが、どれも相当に電力を消費しますのでまともに使っていると電気代がとんでもない状態になります。
これを全て深夜帯に使用することで電気代は1/3に抑えることが出来、結果それほど家計への負担は感じることなく、快適な生活も手に入れることができました。

太陽光発電をきっかけに契約することになった深夜電力ですが、せっかく電気代が安くなるのだからなるべくこの時間帯に使用するに越したことはありません。
(そういえば炊飯器もこの時間帯に使っています。消費電力の多いIHなので効果は絶大)

電気製品をなるべく使わないという選択もあるとは思いますが、出来れば快適に節約をしたいというのが人情です。
これからも、深夜電力を意識した工夫をしていきたいと思います。
生活を深夜にシフトするのは健康上問題があるのでNGですが。

スポンサーリンク
節約
tobiuoをフォローする
流れのままに。。。転職と資産運用とそれから

コメント