自分のお小遣いのコスパを考えてみる。

スポンサーリンク

3ada00bed53cb6fc8cbcf2a5396ca55d_s
独身時代は自由に決められた自分のお小遣い。
極端なことを言えば給料全部お小遣いにしても誰も文句は言いません。
ところが結婚するとそういう訳には行きません。

そこで、「1ヶ月✕✕円」と言うように小遣い額が決められます。
実際サラリーマンのお小遣いってどのくらいなのでしょうか。
大体3~4万円というイメージですがどうでしょう? 
 


私の場合はというと特に1ヶ月いくらと決めてはいません。
財布に入っているお金がなくなれば、補給するといった具合です。
これは結婚当初に妻と取り決めてそのまま今も続いています。

もちろん、私がほとんど浪費癖がないことが前提で決めていることです。
実際、月に2万円を超えたことは殆ど無かったように思います。

そして、転職して収入が下がってしまった現在、どうなったかというと無くなったら補給というシステム自体は変わっていません。
では、実際どの位使っているのか改めて確認してみました。

通常お小遣いで賄う費用は以下の様な感じでしょうか。

 酒・たばこなどの嗜好品
 仕事での休憩時に購入するコーヒーなど
 雑誌などの娯楽費
 昼食代(小遣いに入るかどうか微妙ですが。) 
 その他雑費 

私はタバコは吸いませんのでお小遣いをほとんど税金に持っていかれることはありません。
コーヒーなどは会社の自販機で購入すると1本100円かかります。これは自宅から水筒持参でまかなっています。
たまに外出時に購入することはありますが、株主優待で頂いたQUOカードで支払うことで実際の支払いはゼロです。
雑誌は結構購入していましたが、今は雑誌読み放題サービスのdマガジンを利用し ていますので月額400円です。
昼食代は弁当持参ですのでかかりません。
お酒は自動車通勤なので「帰りに一杯」というのはなく、晩酌で自宅のみ中心です。外飲みは2~3ヶ月に1回位でしょうか。

こんな感じで先月の出費を見てみると。。。
 ・コーヒーはドリップコーヒーを水筒持参で800円位
 ・お酒は週末に飲むくらいなので3000円ほど
 ・雑誌は400円のdマガジン
 ・書籍購入で600円
 ・夢を見るためにBIG購入で2400円
 ・その他雑費が2000円ほど

合計9200円とほぼ1万円で1ヶ月を賄えています。
我ながらコスパが高いと思います。

もちろん飲み会などがあればこれ以上使う月もありますし必要な物があればその時は変にケチらずにお金は使っています。
ですが、通常の場合このくらいあれば私には充分なようです。

地方で暮らしているので誘惑が少ないせいもあるでしょう。
ですが、特に無理している感じもありませんので、今はしばらくこの調子で転職による収入源のインパクトを抑えていきたいと思います。

スポンサーリンク
節約
tobiuoをフォローする
流れのままに。。。転職と資産運用とそれから

コメント