転職を機に管理職になっての苦労

スポンサーリンク

bsMAX87_senjyutuwominaosu20140531

新しい会社に再就職して変わったこと。
それは管理職になってしまったことです。
私が早期退職した会社での最終ポジションは管理職ではありませんでした。(係長とか主任とかそんなポジションです)
私の実力的になれなかったという事が大きな理由です。実際私より若い後輩にあたる人が先に課長などに昇進していきました。
同期でも昇進していない方が僅かです。

ですが、個人的には実務が好きでしたので(マネージメントが苦手とも言います)特に不満もなく業務をこなしていました。
このまま、安心して過ごしていられれば良かったのですが。一転して早期退職・転職となりました。

その際、この年齢では管理職以外の求人はまず、ありません。ここで結構苦労します。
幸いなことにマネージメント経験のない私を管理職で採用いただける企業とご縁があり、今「課長」として勤務しています。

しかし、元々マネージメントが苦手な私です。管理職となったために色々と苦労が続きます。
その中で、最も嫌なこと。。。
 それは、部下の「査定」です。
今、12月です。ありがたいことに年末のボーナスがいただけることとなりました。
ボーナスは全社員定率での支給ではなく、個別の査定により支給額に増減があります。
その、ベースになる人事考課を管理職である私がしなければなりません。
自分よりはるかに経験のある部下を入社数年の私が評価する。。。困ります。
人の人生を左右するようなこと(ちょっと大げさでしょうか)はしたくないので避けてきたのに、リストラがきっかけでそのような立場になるとは。。。

とはいえ、「出来ません」とも言えません。今回も四苦八苦しながら査定し、社長へ結果を送付しました。部下のボーナスが少しでも上乗せされますように。。。と願いながら。

この様な査定が年に3回ほどあります。
転職では本当に色々な苦労がありましたが、自身の問題以外では最も転職しなければ良かったと思う作業がこれです。
割り切れるようになれればよいのですが...今後も苦労しそうです。

スポンサーリンク
再就職
tobiuoをフォローする
流れのままに。。。転職と資産運用とそれから

コメント