スマホの料金。。。大手キャリアがやはり厳しいです。

スポンサーリンク

fdf1d3948f5b154c37aaf05be0244e15_s

今月のクレジットカード利用明細を眺めていてふと目に止まった4行があります。

楽天モバイル1,737円
楽天モバイル1,731円
KDDI au    7,533円
ケイ・オプティコム eoサービス1,525円

全てスマホの料金です。
楽天モバイルは私と息子で計2回線。
ケイ・オプティコムは格安スマホmineoのことで、妻が使っています。
mineoの場合、楽天モバイルには無いデータ容量1GBのコースが有りそれを契約しましたので少し料金が安く済んでいます。

しかし何と言っても、この中で一番目を引くのがやはりauです。

7,533円と飛び抜けて高いですが、これは娘の使っている1回線だけの請求です。
他の3回線合計よりも遥かに高い。
判っていたことですが、一覧で価格を並べてみると料金差が際立ちます。

しかもauは自宅の光回線の利用で適用されるスマートバリューという割引と学割を併用してこの価格です。
スマートバリューは継続して適用されますが、学割はあと1年ちょっとで終了します。
そうするとさらに1,008円価格が上がることになります。

なぜ、これを我慢しているのか。
私自身、格安スマホに乗り換えた当時は回線が安定しているのかなどの乗り換えによるデメリットを心配していました。

しかし、家族3人が格安スマホに変更して特に困ったことはありません。
通話はLineでほぼまかなえますし、固定電話への通話も「楽天でんわ」を使うことで通常の半額で済んでいます。
自宅ではWifiを利用できますのでデータ容量の心配もありません。

よほどのヘビーユーザーでない限り格安スマホで充分だと感じています。
では、なぜ、残り1回線のauを乗り換えできないのか。
大きな理由は娘が使っているということです。

娘=女の子です。(当たり前ですが)
当然友達も女の子が多くなります。友達との連絡手段はスマホということになりますが、まだ携帯(ガラケー)の友達も少しいるそうです。
スマホ同士ですとLineを中心に使うようですがガラケー相手の場合メールでの連絡になります。それが問題です。
通常、メールの場合は迷惑メール防止の為に受信の設定がキャリアメールのみ許可となっている事が多いようです。

そうなると、格安スマホでメールを送ろうとすると(一般的にはGmail)受信拒否されてしまいます。
対策としては相手にお願いして、受信許可に設定を変更してもらわないといけません。
これが結構難関です。比較的女の子はこの辺に弱く、設定方法が解らないようで途中で諦めてしまいます。

そうすると連絡が電話のみとなり不便だと言うわけです。
実際私の場合も、受信許可に設定してくれとお願いしてもいつまでたっても許可してもらえず止む無くショートメッセージを使って連絡している人が少しですが残っています。

ショートメッセージは有料ですし、文字数制限があるので不便といえば不便。。。
この壁を乗り越えることが出来れば直ぐにでも「格安スマホに!」となるのですが、乗り越えるには友達全員がスマホになりLineなどが使えるようにならないと無理そうです。

色々節約してきてネタ切れの最近ですが、これが最後に残った大物です。
ですが、最後に残っただけに非常に強敵です。
乗り換えるとデータ容量を多めに見ても5,000円/月の削減が見込めます。年間で6万円にもなります。何とかならないものか。。。
今は早く友達がスマホに変えてくれないか、他人頼りの状況です。



スポンサーリンク
スマートフォン節約
tobiuoをフォローする
流れのままに。。。転職と資産運用とそれから

コメント