資産運用

退職金をどうするか・・・まずは安定運用で頭を冷やす

早期退職したことにより、退職金を頂くことになりました。まとまったお金を手にしたことになります。さて、これをこのまま放っておいてもしょうが無いとは誰しも考えると思います。特に退職金が振り込まれた銀行さんは黙っていません。さて、どうするか。。。
早期退職

早期退職の道のり(4・・・家族会議)

自分が勤めていた会社がリストラに踏み切り希望退職の募集を開始します。 その前に全社員を対象に個別に面談が実施されることに。 そこでは、会社側は行わないと言っていた事実上の退職勧奨が行われているようです。 残って良いと言われる社員といらないといわれる社員が混在し、会社の空気は最悪です。残ってほしいと言われた私ですが、どうするのが良いのか全くわからなくなってきました。 そんな1...
資産運用

退職後6か月目に再就職すると確定拠出年金の手続き(移換)がややこしい

今回は転職と確定拠出年金の移換タイミングのお話です。 確定拠出年金制度のある会社を退職・転職するときはタイミングによっては結構ややこしいことになるのですが私は見事にはまりました。 以下にその難局を切り抜けたのか。その記録です。 関連記事 資産運用のとっかかり・・・確定拠出年金 私がリストラで退職した会社では確定拠出年金の制度がありました。(日本版401Kというやつ...
スポンサーリンク
早期退職

早期退職の道のり(5・・・2回目の面談)

リストラによって希望退職を募集している我が勤務先。 会社側との1回目の個人面談を終え、私は少し混乱していたのは事実です。 何しろ会社の将来を担う若手に退職勧奨をしているような状況です。(しかも今回のリストラでは退職勧奨はしないという約束は完全に反故にされています) そんな理不尽な状況に憤っていた私ですが、自分の将来もかかっていますので感情的になっていても仕方ありません...
資産運用

マネーフォワードで可視化してみました

転職してから結構時間が経ちました。何とか転職は出来たものの、収入の減少は避けられませんでした。収入が減った分、どうにか補わなければなりません。 ひとつは支出を減らすこと。 もう一つは収入を増やすこと。どちらかが出来ないとせっかく頂いた退職金などの貯金を取り崩さなければなりません。収入を増やすことは簡単には出来ませんので(今年は少し給料アップしましたが、まだまだです)保険の見直しなど少しずつ支出を減...
早期退職

早期退職の道のり(6・・・決断)

長年勤めていた会社が業績不振に落ち入りリストラに踏み切ったとき。 自分はどのような決断を下せばよいのか。 50歳前という自分の年齢的なことを考えれば当然会社に残るというのが第一の選択です。 会社側からは残ってくれと言われたのならなおさらです。 しかし、そう単純なことではなくなってきました。 そんな私が最終的に下した決断の話です。
早期退職

早期退職の道のり(最終回・・・退職)

リストラを敢行する会社に対してついに退職の意志を伝えた私。 あとは希望退職の募集開始日まで粛々とすごしていくだけです。 気持ち的にはすっきりした様でいながら心の奥の方ではこんなことで会社を去らなければならなくなった情けなさを感じながら日々を過ごしていました。 そしていよいよ、希望退職の募集開始日がやってきました。 前の記事はコチラ ⇒ 早期退職の道のり(6・・・決断) ...
資産運用

資産運用のとっかかり・・・確定拠出年金

 これまで早期退職の話ばかり書いてきて少し疲れてきましたので、今回は別のネタで行きたいと思います。 確定拠出年金という単語は何となく聞いたことがあっても、実際にはどのようなものか良くわかっていない方も多いのでは無いでしょうか。 かくいう私もそうでした。 たまたま前に勤めていた会社が確定拠出年金の制度を始めたため、訳もわからずに運用を始めたのが最初です。(今でも完全に理解はできていなのですが)
早期退職

早期退職したほかの人たち

私と同じように早期退職した社員は3桁ほどいました。その人たちはどうなったのでしょうか。特定の地域で3桁の失業者が突然増えるわけですから、簡単に転職できるとは限らないわけです。当時の有効求人倍率は0.8倍程度だったと思います。正直厳しいです。私の知っている方々はどのような道を進んだのでしょうか。。。
転職

退職直後は結構忙しい

さて、早期退職に応募し退職と相成ったわけですが、退職後は結構やらなければならないことがあります。・失業保険の手続き(ハローワーク)・健康保険の切り替え・年金の切り替えこれらの手続きを行うわけですが、まずは会社から離職票をもらう必要があります。退職日にもらえる場合もあるのでしょうが、今回は結構な人数が退職するためか4日ほど時間がかかるとのこと。待つしかありません。逆に大量の退職者が出たことによるメリ...