早期退職

早期退職の道のり(1)・・・会社がリストラを発表

自分が勤めていた会社からリストラによって早期退職や希望退職などの応じることで急に自分の人生に転機が訪れてしまった場合、初めての経験ということもあり情報収集される方も多いと思います。 最近はインターネットを使えば比較的簡単に情報収集できますので色々な情報に触れることが可能です。 そんな、「希望退職」、「早期退職」等のワードで検索された方の中には 『自ら希望しての退職というのは名ばか...
早期退職

早期退職の道のり(2)・・・条件の提示を受ける。気になる退職金の額は?

長年勤めていた会社が業績不振からとうとう人員削減に踏み切ろうとしています。 全社説明会と称して会社の現状説明と合わせて希望退職の募集が発表されました。 この希望退職の募集にあたって、全社員と会社側の個別面談がセッティングされました。 会社側が設定したこの個別面談でそれぞれの意志を確認するというのです。 希望退職の募集発表からその面談までの期間はなんと1週間ほど。 自分...
転職

アラフィフでの転職成功・再就職したらする手続き

30年近く勤めた代謝をリストラで希望退職し、転職活動に奮闘すること数か月。 苦労のかいあってようやく再就職が決まりました。 まずは、ひと安心です。 こうして晴れて再就職ということになるのですが、再就職出来たら出来たで様々な手続きが必要になります。 退職した時ほどではないですが。 これを再就職できた勢いで片づけていったわけですが、どのような手続があったのでしょうか。 ま...
スポンサーリンク
転職

アラフィフ転職物語(年末年始をまたぐと。。。)

私の体験談「アラフィフ転職物語」の番外編。 今回は退職し再就職できないまま年末年始をまたぐとどうなるのか?という話です。 給与天引きがなくなる 会社のリストラ策である希望退職に応じて退職すると変わることがあります。 年金や健康保険などの支払い関係です。これらの支払いは通常給料から天引きされています。 しかし当然ですが、退職後すぐに再就職できない限り給与収入はなくなります。 ...
資産運用

退職金をどうするか・・・もちろん投資です

早期退職したことで、少し早めに退職金をいただきました。そこそこまとまった金額です。浮足立って変なことに使うと大変です。そこで、一旦時間稼ぎで銀行の退職金特別優遇の定期保険に預けてゆっくりとどうするか考えました。 過去の記事⇒ 頭を冷やして。。。1年半ほど預けまわしてこの方法も出来なくなりました。結構冷静になりましたので、いよいよ投資に使おうと思います。
転職

アラフィフ転職物語(無職なので確定申告)

転職物語番外編その2です。転職活動中は当然無職となりますので、従来給料から納めていた市県民税を自分で納税しなければなりません。一括納税となりますので、届いた納税通知書を見て思わぬ出費に目が飛び出そうになりました。その話はコチラです→転職物語(年末年始をまたぐと。。。)頑張って納税しとりあえず、納めなければならない税金は納めました。次のハードルは確定申告と還付申告です。
転職

再就職:その後の話と今なら転職すると思うのか自問自答

これまで、早期退職から転職活動、そして再就職までの記憶をたどりながらつづってきました。 そして、この話は再就職が決まったことで一区切りになります。 転職活動の話をまとめています 早期退職についても書きました しかし、苦労の末に再就職が決まったからといって全てがハッピーに終了という事にはなりません。 その後にもそれなりの苦労があるわけで。。。...
資産運用

投信積み立ての運用状況を振り返る(途中経過編)

前回の記事の通り、投資信託の投資先を決め運用をスタートしました。基本的にはその時々の相場に一喜一憂せずに粛々と積み立てを進めています。そしてついに今年の春で5年を迎えました。そろそろ、運用成績に一喜一憂しても良いと思い現在の運用状況を振り返ってみました。
資産運用

投資信託スタート

いよいよ、投資信託の買い付けを始めることになりました。 証券会社は楽天証券に決定。楽天カード経由で毎月支払えるように準備も出来ました。 次は投資するファンド選びです。  インデックスファンドにすることは決めています。ただ、バランス型では自分では何もコントロール出来ないのでさすがに面白くありません。 そこで、個別のインデックスファンドを自分の 感覚で分散することにしました。 ...
資産運用

投資信託をどこから購入するか

投資信託を始めることを雑誌の記事の影響で割とあっさり決めたことを以前の記事で書かせてもらいました。   投資を始めたきっかけは雑誌「なんて安直な」と思われるかもしれませんが、一応私なりに 「これなら行けるのでは。」という根拠は持っておりました。それは、会社で導入されていた制度の『確定拠出年金』です。