趣味

趣味

ブログを無料ブログから「独自ドメイン+WordPress」で引っ越しました

私がブログを始めてからもうすぐ3年になろうとしています。 今まで本ブログはライブドアブログで書いてきました。 今回、ブログ開設3年を前に突然思い立ちブログの引っ越しを実行しましたので顛末をこの新しいブログに記録しておきたいと思います。
健康

父子で献血に行ってきました。結構おすすめです。

私は趣味という程ではないのですが、結構献血が好きで近くに献血車が来た時には率先して献血に行っています。 ただし、好きと言っても毎週行くという訳にはいかず、400ml献血の場合ですと年3回までと決まっています。ですので、毎年常に3回のノルマを自分に課しつつ献血車に乗り込んできました。
趣味

文体診断で私のブログ文章力を確認してみた。

私がこのブログを始めてから2年半が過ぎようとしています。 そこで、機械判定に頼ってみようと思いたちました。機械の場合は感情が無い分ひどい評価でもまだ耐えられそうなので。
スポンサーリンク
NO IMAGE 節約

パソコン買い換え。楽天で買わなくてもポイントをいただけます。

時が経つのは早いもので、私が愛用しているパソコンも購入してから6年が経過しました。ここ最近のパソコン使用用途はブログを書いたり、ネット通販での買い物、それとネット証券やソーシャルレンディングなどで取引といったところです。この程度の用途なら6年落ちのPCでもなんら問題は無いのですが、唯一困るのは立ち上がりの遅さです。とにかく電源を入れてからしばらくの間は動作が重くて使い物になりません。その為PCを使...
趣味

久しぶりの読書で学生時代を懐かしむ。。。そして前を向く

最近、どうも頭の中が「お金、お金・・・」と芳しくない状態になっているtobiuoです。 これには訳があって、ここのところ収入より出費がかなり多い状況が続いているのが原因です。 とにかく生活費専用の口座残高がぐんぐん減っていく、減っていく。 お金が減るとストレスが増えていくという歓迎できない反比例状態が続いています。 子供の塾の春期講習費用など、出費の増加がやむを得ないところはあるの...
節約

無料の音楽ストリーミングサービス「Spotify」を試してみました。

日々節約に励んでいる私tobiuoですが、やはり節約には我慢が付き物になります。我慢を続けているとストレスが溜まってきてやがて爆発し、思わぬ散財になってしまうと大変です。そこで、節約しつつも娯楽を求めて色々試している次第です。節約第一弾として既に、雑誌読み放題アプリを導入しています。 雑誌読み放題アプリのお試しはdマガジンを選びました。これで、月々の雑誌購読にかかる費用はかなり節約できました。で、...
趣味

小説「終わった人」を呼んで。。。反面教師にしたいと思う。

10月10日の祝日。祝日でも通常出勤ということが多い私の勤めている会社ですが、珍しく暦通りに休日でした。この後年末まで祝日は全て出勤日ですので貴重な休日です。秋のお休みと言うことで久しぶりに雑誌ではなく小説を読んでみました。手に取ったのはタイトルで気になっていた 「終わった人」です。終わった人 価格:1,728円(2016/10/10 11:14時点)感想(2件)
NO IMAGE 節約

読み放題が困難で楽天マガジンの継続は見送りです。

雑誌読み放題アプリの「楽天マガジン」新規参入ということもあるのでしょうが、利用料金で攻めてきました。コストが低く抑えられるというのは私には相当な魅力に思え、少々使い勝手が悪くても乗り換えるつもりで契約をしました。雑誌読み放題サービスを楽天マガジンに乗り換えるか検討です。楽天マガジンは年契約すると月額300円(税抜き)となりdマガジンより100円安くなりますので魅力的な乗り換えと考えていました。そし...
NO IMAGE 節約

雑誌読み放題サービスを楽天マガジンに乗り換えるか検討です。

私が今利用している雑誌読み放題のアプリはdマガジンです。今年の4月に他のサービスと比較しての決定です。雑誌読み放題アプリのお試しはdマガジンを選びました。決め手は費用と雑誌のラインナップのバランスでした。それから、約4ヶ月。新しく楽天が雑誌読み放題サービスを新たに始めました。「楽天マガジン」です。これは気になります。初回登録から31日間は無料ですので早速登録し利用してみました。
再就職

転職してからの違和感の原因がある小説で少し判りました。

私にも漸く夏や海がやって来ました。少しゆっくりしようかと思い、本を読むことにしました。「わたし、型屋の社長になります」という小説です。わたし、型屋の社長になります 価格:745円(2016/8/11 11:40時点)感想(0件) 元々大手の会社に努めていた主人公が父親の後をついで中小企業の社長になり、奮闘するという物語です。正直、読み応えという点では物足りなさを感じましたが、あるフレーズが目に止ま...